カリキュラム・ポリシー

目白大学 教育課程・実施の方針について

1.基本方針

  • 建学の精神に則り、本学の教育方針である「育てて送り出す」の具現化をめざす教育課程を編成
  • 知識基盤社会に生きる市民として必要な教養を養い、自ら思考し行動できる力を育てる教育課程を編成
  • 学科ごとに定める学位授与の方針ならびに教育目標との整合性、一貫性のある教育課程を編成
  • 専門的職業能力の修得を目的とする学科にあっては、専門知識および技術を獲得し、専門職者としての感性を磨き、現場で活用できる実践的能力を育成する教育課程を編成

2.構成

  • 教育課程は、基礎教育科目、専門教育科目、ならびに教員免許等各種資格の取得に関する科目から構成し、必要に応じてそれぞれに下位の科目区分を設置
  • 開講科目は学生の履修に関して、必修科目、選択科目、自由科目に区分し、履修年次を定める

3.基礎教育科目

  • 基礎教育科目は、広範で多様な教養の涵養と基礎学力の向上を目指し、キャリア形成または基礎演習、教養、外国語、スポーツ・健康の各科目群から構成し、バランスの取れた多様な科目を配置
  • 学生の主体的な学びの姿勢、広い視野に立った問題意識や課題意識の育成に配慮

4.専門教育科目

  • 専門教育科目は、各学科の設置目的、人材養成目的、学習到達目標に向けて、科目の体系性と順次性に充分配慮
  • 課題探求能力や問題解決能力の育成に配慮
  • 専門知識の修得と共に、その知識を活用する能力の育成に配慮

5.基礎教育科目と専門教育科目との連携

  • 幅広い視野と確実な基礎力を持った人材を育成するために、基礎教育科目と各学科の専門教育科目との有機的な連携を図る。

6.教員免許等各種資格の取得に関する科目

  • 教員免許等各種資格の取得に関する科目は、関係法令、規則に則るとともに、本学の独自性を加味した科目構成
  • 教職課程については、幅広い視野を持ち、豊かな人間力を具えた教師を育成するように配慮
  • その他の資格取得に係る科目にあっては、各学科の教育課程とのバランスに配慮

人間学部

心理カウンセリング学科

  1. 広く人間を理解し社会のさまざまな分野における対人関係の合理的かつ現実的な問題解決ができ、他者への援助能力を育成するカリキュラム編成
  2. 基幹科目で概論科目を学び、順次基礎心理学から応用心理学およびカウンセリング関連科目を配置し、心理学の基礎知識と応用および技能が結びつくよう科目の連携
  3. 1年次より基礎心理学科目および演習科目を学び、自ら考え学習する能力を養い、2年次以降将来の進路に合わせてコースを選択できるよう運用

人間福祉学科

  1. 人間の福祉と介護に関する基幹科目、人間性の理解、社会福祉制度・政策、福祉支援に関する知識と演習および実習を通じて、福祉社会に向けた研究および福祉実践能力を備えた人材を育成するカリキュラムを編成
  2. 社会福祉、精神保健福祉、介護福祉の専門分野間の連携を前提とした国家資格取得の講義科目を配置するとともに、臨床的実践教育の重要性を踏まえ、総合的で段階的な講義、演習、実習科目を配置
  3. 専門科目の相互理解を重視し資格取得の動機付けを促進するとともに、地域福祉、高齢福祉、障害福祉、子ども家庭福祉等の進路に係るキャリア形成で主体的な選択ができるように促す

子ども学科

  1. 福祉と教育のコラボレーションに基づいた子ども理解を教育研究の基本的な課題とし、保育と児童福祉に係わる実践的能力に優れた専門家を養成するカリキュラムを編成
  2. 1年次より実践的な能力を育成するために専門技術を学ぶ実技科目を導入し、さらに、保育と教育に関する科目や基礎技能に係わる科目で保育の本質および目的の理解を深めることのできる配置
  3. 福祉と教育の現場に応えるべく、実践的な科目を多く配置し人間関係、問題解決能力、表現力など、学生自身の人間性の涵養および行動の変容を図る

児童教育学科

  1. 児童の成長と発達ならびに障害を理解し、児童の健全な成長に必要な援助や教育ができる能力や技能を育成できるカリキュラムを編成
  2. 基幹科目の下に、発達と支援、多文化共生、感性と表現、教育現場と実践、学校教育の5分野を置き、広い視野から総合的かつ臨床的な専門性を高めるカリキュラム編成
  3. 5分野のコラボレーションを重視し、また実習および演習科目と有機的に関連させ、学習効果を高める運用

社会学部

社会情報学科

  1. 人間の心理と情報の相互作用で生起するさまざまな社会現象に対して、情報を切り口に考究できる学際的なカリキュラムを編成
  2. 基幹科目と社会学的手法を習得する実習科目の下に、心理、情報、社会マネジメントの3要素を核にした6系列群からなるユニット制を配置
  3. 運用にあたっては、各ユニットを相互に関連させることで、補完的かつ有機的に諸科学を組み合わせた学習を促す

メディア表現学科

  1. メディアを有効に活用するための基礎知識と基本技能を習得し、効果的なコミュニケーション能力と幅広いクリエイティブな能力を育成できるカリキュラムを編成
  2. メディア論などの基幹科目を置き、学科の目的を的確に伝達するとともに、表現に関する講義科目とそれに関する演習科目を機能的に結び、知識と技能等の連携を図れる領域横断的な科目配置
  3. 専門教育科目に複数のフィールドを設定し、ゼミや将来の進路と連動させた学習を促す

地域社会学科

  1. 現場での観察や調査を繰り返しながら、フィールドワークの知識や技法を学び、世の中のさまざまな問題を発見し解決する能力と感性を涵養し、深い教養と高い見識を育成できるようにカリキュラムを編成
  2. フィールドワークの方法を学ぶ基幹科目から、地域社会学の基礎理論を学ぶ形成科目を経て、地域社会と現代社会の諸問題に学際的視点からアプローチする展開科目へとステップアップできるように専門教育科目を配置
  3. 講義科目の履修と並行し、基礎、応用、創造の演習科目の履修を通して、実践から理論へというフィードバック型カリキュラムの運用を図る

経営学部

経営学科

  1. 企業経営に関する知識を身につけ、複雑化する現代経済社会で解決を要する経営問題を数量的および実証的に分析し、的確に判断して意思決定できる能力を育成するカリキュラムを編成
  2. 経営学概論等の基幹科目から、専門コースごとの学びを深めるために会計学、経営管理、マーケティング、ホスピタリティ・マネジメントの4分野の専門教育科目と専門共通科目、およびゼミを配置
  3. 学生の興味と関心、および将来の進路希望に合った専門コースを選択させ、ゼミを中心とする個別指導の充実を図る

外国語学部

英米語学科

  1. 英語の基本的技能を身につけ、イギリス及びアメリカの事情について基礎的なまた幅広い知識を習得し、英語を駆使しながら国際的視点に立って考えることができる人材育成を可能とするカリキュラムを編成
  2. 英語の技能の向上、言語理論の理解、比較文化、国際関係、英米の事情研究、さらに半年間の英語圏への留学を施行することで、総合的に英語の習得を目指す科目構成
  3. 1、2年次において英語の技能の集中的訓練を行い、3年次以降において実用英語を中心とした英語の高度な実践的能力の育成を目指し、また文化、歴史、社会など英米事情に関する知識と理解の増進を図る

中国語学科

  1. 実用的な中国語の能力を身につけ、中国事情について基礎的な幅広い知識を習得し、さらに国際的な視点に立って考えることができる人材を育成するカリキュラムを編成
  2. 段階的に習得できる中国語の科目、中国について幅広く学べる中国事情の科目、現地において言語と生活文化を習得する臨地研修を設け、国際的観点の練成のため言語理論、国際社会認識、多文化理解、危機管理の科目群を配す
  3. 1、2年次においては十分な中国語の基礎力を育成したうえで、3年次以降において中級上級の中国語の実践的能力の育成を目指し、また文化、歴史、社会など中国事情に関する知識と理解の増進を図る

韓国語学科

  1. 実用的な韓国語能力を身につけ、韓国事情について基礎的な幅広い知識を習得しながら、国際的な視点に立って考えることができる人材を育成するカリキュラムを編成
  2. 幅広く習得、活用できる韓国の言語、現地言語と生活文化を習得する韓国事情と臨地研修を設け、専門の知識や理解を向上するセミナーおよび卒業研究の区分を配す
  3. 1年次において十分な韓国語の基礎力を育成したうえで、2年次以降は、単位互換制度に基づく交換留学を実施し、帰国後、3、4年次において高度な韓国語能力の育成と韓国事情の知識と理解の増進を図る

日本語・日本語教育学科

  1. 国際語の一つとしての日本語に習熟し、日本文化の特質を他文化と比較し、国際的な視点に立って考えることができる人材を育成するカリキュラムを編成
  2. 日本の基層文化への認識を深め、優れた教養人を育成することにより、国際的観点による練成により異なる文化を持つ人々を教えられる日本語教員や、学校教育の場での国語科教員を養成する多様な科目群を配置
  3. 1年次において、日本語、日本語教育、社会・文化・地域の3分野について十分な基礎力を育成したうえで、2年次以降、段階的により高度な専門的および実践的能力の育成と知識と理解の増進を図る

保健医療学部

理学療法学科

  1. 医学、健康に関する基礎知識と理学療法全般に関する専門的知識、技術を習得するとともに、研究能力を身につけ、地域医療の発展に貢献できる人材を育成するカリキュラムを編成
  2. 地域をキーワードとした教育、研究、臨床を重視し、臨床教育の重要性を踏まえ、1年次からの段階的系統的な臨床実習、医療関連職種の連携構築のための専門教育科目を配置
  3. 医療人としての資質、知識、技術を高め、問題解決能力を習得するために、順次性を配慮した体系的な学習を促すよう運用

作業療法学科

  1. 医学、健康に関する基礎知識と作業療法全般に関する専門的知識、技術を習得するとともに、研究能力を身につけ、地域医療の発展に貢献できる人材を育成するカリキュラムを編成
  2. 地域をキーワードとした教育、研究、臨床を重視し、臨床教育の重要性を踏まえ、1年次からの段階的系統的な臨床実習、医療関連職種の連携構築のための専門教育科目を配置
  3. 作業療法は小児から高齢者、身体障害から精神障害者までを対象とするので、柔軟な問題解決能力を養成するため、順次性を配慮した体系的な学習を促すよう運用

言語聴覚学科

  1. 医学、健康に関する基礎知識と言語聴覚療法全般に関する専門的知識、技術を習得するとともに、研究能力を身につけ、地域医療の発展に貢献できる人材を育成するカリキュラムを編成
  2. 地域をキーワードとした教育、研究、臨床を重視し、臨床教育の重要性を踏まえた臨床実習、医療関連職種の連携構築のための専門教育科目を配置
  3. 医療人としての資質、知識、技術を高め、問題解決能力を習得するために、順次性を配慮した体系的な学習を促すよう運用

看護学部

看護学科

  1. 人間性豊かな感性と専門的実践力を培い、多様な健康ニーズや社会に柔軟に対応できる問題解決能力をもち、地域医療に貢献できる看護師および保健師を育成するカリキュラムを編成
  2. 人間理解、社会制度および生活者の健康の総合的理解、人間の成長発達と生活の場の理解、看護の実践に必要な知識、技術、態度の習得、看護の将来的発展と統合のための科目群を配置
  3. 学生の幅広いニーズと自主性を尊重し、人間力を培う基礎教育科目の選択の機会を拡大し、臨地実習での実践を重要視した運用を図る