ディプロマ・ポリシー

目白大学 学位授与の方針について

目白大学は、教育基本法等の法令並びに建学の精神「主・師・親」に基づき、国家・社会への献身的態度、真理探究の熱意、人間尊重の精神を体得し、創造的な知性と豊かな人間性及び応用的諸能力を備え、わが国の発展、国際社会の平和と福祉に貢献する主体性のある人材の育成を目的として、学生を「育てて送り出す」教育を実践する。
本学は、在学年数、単位数等の卒業要件を満たし、以下の能力を身につけ、所属学科のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)に適合した学士課程の学生に、学士の学位を授ける。

  1. 広く国や社会の在り方に目を向け、グローバルな視点からものごとを考え、課題解決に向けて行動することができる。
  2. 専攻する分野の基礎的知識や技能、技術を修得し、真理探究のために主体的に学ぶことができる。
  3. 豊かな人間性に根ざした教養とコミュニケーション能力を持ち、積極的に他者と協力してものごとに取組むことができる。

人間学部

心理カウンセリング学科

  1. 人間の行動や心理過程について、基礎的な知識を身につけた上で、適切に評価することができる。
  2. 心理的課題に対して、カウンセリング・マインドで対応することができる。
  3. 心理学的観点から人間に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

人間福祉学科

  1. 人間の福祉について、基礎的な知識を身につけた上で、適切に評価することができる。
  2. 福祉に関わる課題に対して人間の尊厳と人権を大切にしつつ対応することができる。
  3. 社会福祉的観点から人間に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

子ども学科

  1. 子どもやその発達について、基礎的な知識を身につけた上で、適切に評価することができる。
  2. 子どもとその家族に関わる課題に対して、保育職としてのカウンセリング・マインドで対応することができる。
  3. 子ども学的観点から人間に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

児童教育学科

  1. 児童とその発達について、基礎的な知識を身につけた上で、適切に評価することができる。
  2. 児童とその教育に関わる課題に対して、臨床的技能で対応することができる。
  3. 児童教育学的観点から人間に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

社会学部

社会情報学科

  1. 社会に関する基礎的な知識を身につけ、情報化社会の諸問題を適切に評価することができる。
  2. 社会のさまざまな問題解決にあたって、情報通信機器の活用と円滑なコミュニケーションによって対応することができる。
  3. 学際的な観点から社会の諸問題への関心を持ち続け、社会の一員としての役割を自覚できている。

メディア表現学科

  1. 社会に関する基礎的な知識を身につけ、メディアの観点から社会の諸問題について適切に評価することができる。
  2. 社会のさまざまな問題解決にあたって、高度なコミュニケーション技術と効果的表現で対応することができる。
  3. メディアの特性や役割、影響に関心を持ち続け、社会に貢献することができる。

地域社会学科

  1. 社会に関する基礎的な知識を身につけ、地域社会や現代社会のあり方について適切に評価することができる。
  2. 社会のさまざまな問題解決にあたって、相手を理解し自己を表現することができるコミュニケーションスキルを身につけている。
  3. 交流、共生、創造の視点から問題解決への意欲を持ち、社会に奉仕、貢献することができる。

経営学部

経営学科

  1. 実務・実践重視型の手法を踏まえつつ、経営について基礎的な知識を身につけ、企業経営を適切に評価することができる。
  2. 経営上の課題に対して、実践的に対応することができる。
  3. 経営に対する関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

外国語学部

英米語学科

  1. 英米語と英米文化について基礎的な知識を身につけ、国際的な視点に立って考えることができる。
  2. 英語で自らの考えを表現できるとともに、世界の人々と交流することができる。
  3. 英米文化の観点から世界に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

中国語学科

  1. 中国語と中国文化について基礎的な知識を身につけ、国際的な視点に立って考えることができる。
  2. 中国語で自らの考えを表現できるとともに、世界の人々と交流することができる。
  3. 中国文化の観点から世界に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

韓国語学科

  1. 韓国語と韓国文化について基礎的な知識を身につけ、国際的な観点に立って考えることができる。
  2. 韓国語で自らの考えを表現できるとともに、世界の人々と交流することができる。
  3. 韓国文化の観点から世界に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

日本語・日本語教育学科

  1. 日本語と日本文化について基礎的な知識を身につけ、国際的な視点に立って考えることができる。
  2. 話す、書く、聞く、読むについて適切な日本語表現ができる。
  3. 日本語および日本文化を基盤に世界に深い関心を持ち続け、責任ある社会的行動をとることができる。

保健医療学部

理学療法学科

  1. 理学療法に関する専門知識を身につけ、対象者の身体状態等を総合的に評価することができる。
  2. 対象者に応じて、基本的な理学療法を説明し、実施することができる。
  3. 専門職業人としての使命感を持ち、理学療法について自己研鑽を継続し、責任ある社会的行動をとることができる。

作業療法学科

  1. 作業療法に関する専門知識を身につけ、対象者の心身状態等を総合的に評価することができる。
  2. 対象者に応じて、基本的な作業療法を説明し、実施することができる。
  3. 専門職業人としての使命感を持ち、作業療法について自己研鑽を継続し、責任ある社会的行動をとることができる。

言語聴覚学科

  1. 言語聴覚療法に関する専門知識を身につけ、対象者の言語と心身状態等を総合的に評価することができる。
  2. 対象者に応じて、基本的な言語聴覚療法を説明し、実施することができる。
  3. 専門職業人としての使命感を持ち、言語聴覚療法について自己研鑽を継続し、責任ある社会的行動をとることができる。

看護学部

看護学科

  1. 看護学に関する専門知識を身につけ、対象者の心身状態と生活状況等を総合的に評価することができる。
  2. 対象者に応じて、基本的な看護を説明し、実施することができる。
  3. 専門職業人としての使命感を持ち、看護学について自己研鑽を継続し、責任ある社会的行動をとることができる。