外国語学部

英米語学科

Department of English Language Studies 新宿キャンパス

グローバル・ナレッジシリーズ

  • 英米語学科
  • グローバル・ナレッジシリーズ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 中国語学科, 大学トップ, 日本語・日本語教育学科, 韓国語学科

第17回:「ネットショップビジネス」

社会の第一線で活躍する方々を講師としてお招きし、実際のビジネス現場についてお話しいただく外国語学部連続講座「グローバル・ナレッジシリーズ」。2015年度よりスタートし、外国語学部の学生は学科・学年を問わず聴講することができます。
11月18日(金)5時限の授業は、英米語学科長・柴田真一教授のアレンジのもと、ゲストスピーカーとして、ネットショップアドバイザーの伊藤みゆき氏(アッカ・コミュニケーションズ代表)をお招きし、「ネットショップビジネス」をテーマにお話しいただきました。

  • グローバル・ナレッジシリーズ第17回_1
  • グローバル・ナレッジシリーズ第17回_2
  • グローバル・ナレッジシリーズ第17回_3

伊藤氏は、約17年間ウェブ業界に身を置き、ネットショップやネット通販などのネットビジネスをはじめ、IT人材育成のため「ネットショップマスター資格認定講座」を開催するなど、幅広いビジネスを手掛けておられます。
授業では、ネットショップの収益モデルやインターネットビジネスの種類、EC(電子商取引)、広告、海外サービスなど、ネットビジネスについて、インターネットを提供するプロバイダと消費者であるユーザー、それぞれの立場から興味深い話をしていただきました。最後に、ネットビジネスにおける英語の重要性についてもふれ、英語を勉強する学生に、エールを送ってくださいました。

グローバル・ナレッジシリーズ
「ネットショップビジネス」の授業レポート
外国語学部英米語学科 3年 鈴木 香菜

11月18日(金)の授業では、ネットショップアドバイザーの伊藤みゆきさんが、インターネットを活用したビジネスアイデアについて講義をしてくださいました。
インターネットを活用する、と聞くと、真っ先にITという言葉が頭に浮かび、難しそうだとイメージしていましたが、普段の生活で私たちが目にするサイトを例に挙げて、実際のサイト画面を示しながら説明してくださったので、どのお話も大変分かりやすく、興味深いものでした。
インターネットビジネスの種類についてお話された際、想像以上に種類が多く、身の回りにあふれていることに驚きました。私自身も、YouTubeを見たり、ネットショッピングしたりと、ユーザーとしてそれらを利用しています。今回の講義では、収益方法や売り込み方法といったお話も聞くことができ、サイトを作る側の人やサイトに掲載されている企業側など、普段とは真逆の立場や視点から考え、学ぶことができました。
また、近頃よく耳にする広告収入の実態や、インターネットの情報を鵜呑みにするのではなく、自分で調べることの大切さを教えていただきました。
さらに現在、ネットショップは国内にとどまらず、海外に向けての販売も行われており、今後さらに海外とのつながりも増えると考えられる一方で、英語が話せる人が不足しているとのお話があり、英語の重要性を改めて感じました。
どのお話も、とても刺激的で興味深く、勉強になりました。このたびは、大変貴重なご講義をありがとうございました。