保健医療学部

Faculty of Health Sciences
岩槻キャンパス

保健医療学部は、理学療法学、作業療法学、言語聴覚障害学に関する教育と研究を行い、
国家資格を取得してリハビリテーション分野で活躍する人材を育てることを目的としています。
基礎教育と専門分野の教育を丁寧に推進し、とくに臨床指導に重点をおくことにより、
リハビリテーション分野の発展に寄与できる知識・技能・態度において優れた専門家の育成を目指します。

保健医療学部 学科構成

学部長メッセージ

保健医療学部は夢を実現する力を養うところ

保健医療学部長
小林 修二

保健医療学部では深い専門性と広い教養を持った人材育成を目標としています。変化する知識基盤社会を切り拓いていく専門職業人には、豊かな教養に支えられた考え方や学び方が必要と考えるからです。学部にはart and science を追究する、領域の異なる3学科があります。多様な考え方や価値観とふれあい、相手の意見を正しく理解する能力、自分の考えを分かりやすく伝えるコミュニケーション能力を身につけてほしいと思っています。大学の4年間は、人生において二度と経験できない自由で闊達な、将来に向けて大きな財産を形成する貴重な時間となるでしょう。尊敬できる師と出会い、いい友人を作り、互いに切磋琢磨し、真理を探究する態度を身につけてほしいと願っています。未来に挑戦し、それぞれの夢が実現することを期待しています!