保健医療学部

作業療法学科

Department of Occupational Therapy 岩槻キャンパス

メディア・出版

  • 作業療法学科
  • メディア・出版
  • 岩槻
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 学園トップ

作業療法学科の小林幸治准教授が編集・執筆した『今こそ変えよう臨床実習 ! 作業療法のクリニカル・クラークシップ(CCS)ガイド』が出版されました

チラシ

保健医療学部作業療法学科の小林幸治准教授が編集・執筆した『今こそ変えよう臨床実習 ! 作業療法のクリニカル・クラークシップ(CCS)ガイド』が出版されました。共著者として、作業療法学科の毛束忠由教授、會田玉美教授、山田孝教授、野村健太専任講師、本学卒業生の平井奈緒子さんや、臨床教育者として本学で学生の指導を担当している臨床家(患者のケアを行う医療従事者)の方々も執筆しています。
この本は、作業療法学科で強く推進しているクリニカル・クラークシップという臨床実習指導についての手引書です。クリニカル・クラークシップとは、学生が実習施設でスタッフの一員として参加し、臨床教育者と一緒に考えながら多くの経験を積む実習方式です。作業療法学科では、この方法を2005年よりいち早く取り入れて、先駆的に進めています。従来の実習方式とは一線を画すこのクリニカル・クラークシップによる作業療法実習の本は今までありませんでした。「今こそ変えよう臨床実習!」というタイトルのとおり、臨床実習改革に一石を投じる本となっています。

  • 『今こそ変えよう臨床実習 ! 作業療法のクリニカル・クラークシップ(CCS)ガイド』
  • 編  集:小林 幸治、 岩﨑 テル子
  • 発  行:三輪書店
  • 発行年月:2017年8月

保健医療学部作業療法学科 小林幸治准教授の教員紹介