保健医療学部

言語聴覚学科

Department of Speech, Language and Hearing Therapy 岩槻キャンパス

カリキュラム

4年間で言語聴覚療法の力が身につく
独自のカリキュラム

カリキュラム(専門教育科目)

太字は「必修科目」/〈 〉内は単位数

専門基礎科目
言語聴覚士に必須の基礎科目
1年次 リハビリテーション概論〈2〉
病理学〈1〉
臨床医学総論〈1〉
内科学〈1〉
小児科学〈1〉

医療と福祉〈2〉
人間発達学〈2〉
高齢者・障害者の心理〈2〉
高齢者・障害者福祉論〈2〉
介護福祉論〈1〉
2年次 神経内科学〈2〉
精神医学〈2〉
リハビリテーション医学〈1〉
臨床心理学〈2〉

整形外科学〈2〉
老年医学〈1〉
薬理学〈1〉
微生物学〈1〉
栄養学〈1〉
救急医学〈1〉
衛生・公衆衛生学〈1〉
看護学〈1〉
3年次 職場倫理・職場管理学〈1〉
安全管理論〈1〉
関連法規〈1〉
4年次
言語聴覚専門科目
言語聴覚士に固有かつ必須の科目。言語聴覚学科における学習研究の根幹を成す科目
1年次 音声学〈2〉
言語発達学(生涯発達心理学を含む)〈1〉
生理・解剖学〈2〉
音声・言語・聴覚医学Ⅰ(神経)〈1〉
音声・言語・聴覚医学Ⅱ(聴覚)〈1〉
音声・言語・聴覚医学Ⅲ(発声発語)〈1〉
認知・学習心理学〈2〉
心理測定法〈1〉
言語聴覚障害学総論Ⅰ〈1〉
言語聴覚障害学総論Ⅱ〈1〉
言語聴覚障害学演習〈1〉
2年次 言語学〈2〉
音響学〈2〉
耳鼻咽喉科学〈2〉
形成外科学〈1〉
臨床歯科医学〈1〉
言語心理学〈2〉
社会福祉・教育(関係法規を含む)〈2〉
失語・高次脳機能障害学Ⅰ(高次脳機能障害学)〈1〉
失語・高次脳機能障害学演習Ⅰ(高次脳機能障害学)〈1〉
失語・高次脳機能障害学Ⅱ(失語症学)〈1〉
失語・高次脳機能障害学演習Ⅱ(失語症学)〈1〉
言語発達障害学Ⅰ(知的障害)〈1〉
言語発達障害学演習Ⅰ(知的障害)〈1〉
言語発達障害学Ⅱ(LDおよび広汎性発達障害)〈1〉
言語発達障害学演習Ⅱ(LDおよび広汎性発達障害)〈1〉
発声発語障害学Ⅰ(機能性構音障害)〈1〉
発声発語障害学演習Ⅰ(機能性構音障害)〈1〉
発声発語障害学Ⅱ(器質性構音障害、音声障害)〈1〉
発声発語障害学演習Ⅱ(器質性構音障害、音声障害)〈1〉
聴覚障害学Ⅰ(検査法)〈2〉
聴覚障害学演習Ⅰ(検査法)〈1〉
聴覚障害学Ⅱ(指導法・含む二重障害)〈2〉
聴覚障害学演習Ⅱ(指導法・含む二重障害)〈1〉
臨床実習特論Ⅰ〈1〉
臨床実習特論Ⅱ〈1〉
3年次 言語聴覚障害総合評価学〈1〉
失語・高次脳機能障害学Ⅲ(成人言語障害治療学)〈2〉
失語・高次脳機能障害学演習Ⅲ(成人言語障害治療学)〈1〉
言語発達障害学Ⅲ(重複障害、脳性麻痺など)〈2〉
言語発達障害学演習Ⅲ(重複障害、脳性麻痺など)〈1〉
発声発語障害学Ⅲ(運動障害性構音障害、吃音)〈2〉
発声発語障害学演習Ⅲ(運動障害性構音障害、吃音)〈1〉
摂食・嚥下障害学〈1〉
摂食・嚥下障害学演習〈1〉
聴覚障害学Ⅲ(補聴)〈1〉
聴覚障害学演習Ⅲ(補聴)〈1〉
臨床実習特論Ⅲ〈1〉
総合評価演習〈1〉
言語聴覚障害学研究法〈1〉

地域言語聴覚障害治療学〈2〉
チーム医療演習〈1〉
4年次 総合言語聴覚障害学セミナー〈4〉
臨床実習Ⅰ〈6〉
臨床実習Ⅱ〈6〉

卒業研究〈4〉
※カリキュラムは若干変更される場合があります

卒業までに必要な単位数 128単位

  • 基礎教育科目 30単位
    • 教養科目 4~8単位
    • 基礎演習 8単位
    • 外国語 4単位
    • スポーツ・健康 2単位
    • その他の選択科目 8~12単位
  • 専門教育科目 92単位
    • 専門基礎科目 13単位
    • 言語聴覚専門科目 79単位
  • 自由選択科目 6単位

    基礎教育科目、専門教育科目、他学部指定科目(2年次以降履修)、放送大学の科目から自由に選択。各自の学習研究・進路に必要な知識・技能を習得することができます。

おもな科目紹介

  • 発声発語障害学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    構音障害、音声障害、吃音などの発声発語障害の概念、評価法、指導法について学びます。発話の聴覚判定や模擬訓練の演習を通して、実践的な能力を養います。

  • 失語・高次脳機能障害学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    失語症やその他の高次脳機能障害に関する理論的背景、および評価法や指導法について学びます。Ⅲでは、リハビリテーションを遂行するための総合的な能力を身につけます。

  • 聴覚障害学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    聴覚障害児・者に対する聴覚検査および聴覚補償の方法、言語指導の考え方と方法について講義と演習で学びます。Ⅰは検査法を、Ⅱは指導法、Ⅲは補聴について理解を深めます。

  • 言語発達障害学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    言語発達に遅れの見られる子どもの背景にある原因や症状を理解し、評価から指導までの流れや方法を学びます。Ⅲになると講義だけではなく、論文講読や演習も行います。