人間学部

児童教育学科

Department of Childhood Education and Welfare 新宿キャンパス

教育実習について

教育実習で課題を見つけ
学内の学習にフィードバック

実習のステップ

  • 1年次
  • ボランティア活動などを通して教育現場を知る
    ボランティア活動

    2年次以降の教育実習に備えて、近隣小学校への授業見学や児童館訪問を通して、教育現場についての理解を深めます。

  • 2年次
  • 教育実習Ⅰ
    教育現場、子どもたちの今を体感する
    小学校観察実習(5日間)

    2年次に小学校現場を観察する本学独自のカリキュラム

    本学では、2年次に1週間、観察実習を実施しています。実習先は、提携関係になっている公立小学校。実習先での授業・活動の見学やサポートを通し、講義だけでは分かりにくい、小学校の全体像を捉えることを目的とします。また、早くから現場を体験し、子どもたちとふれあうことで、教師になったときの自分をリアルにイメージでき、その後の学習意欲の向上にもつながります。観察実習を通して、体験の中から自分なりの学習課題を見出すことで、4年次の実習に備えることができます。
  • 3年次
  • 教育実習Ⅱ
    「初等科教育法」を学ぶとともに福祉の世界を知る
    介護等体験(7日間)
    福祉施設で5日間、特別支援学校で2日間の実習を行います。コミュニケーションのあり方など、教員としての資質向上を目指します。
  • 4年次
  • 教育実習Ⅲ
    理論と実践を統合し実践力の基礎を培う
    小学校教育実習(4週間)
    4週間、これまで学んだことをもとに実習を行います。教職への理解を深めるとともに、教員に求められる実践的な力を身につけます。

    【7~9月】全国都道府県採用試験

PICK UP!

教育実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

1・2年次
教育現場への理解と目的意識を持つ

ボランティア活動・小学校観察実習は、教育現場での体験や児童とのふれあいを通して、教育現場を理解するとともに、早期に自分の課題に気づき、実習後、目的意識を持って学習することを目標としています。本学科ではボランティア経験の機会を大切にし、1週間に1日程度、活動日にあてるよう推奨しています。ボランティアを募集している団体や学校を紹介するなど、学生の積極的な活動を支援しています。


3・4年次
さまざまな人と接し、教員としての資質向上を目指す

3年次には、介護等体験に取り組みます。高齢者向けのホーム、障害者自立支援施設やデイサービスなどの福祉施設、特別支援学校での実習で、これからの共生社会で生きる、人間性豊かな教員を目指します。4年次の教育実習Ⅲは、これまで実習を通して積み上げてきた経験やスキル、理論を総合的に活かす、教職課程の集大成です。実際に教員として教壇に立つ際に不可欠な基礎を築きます。

実習体験者の声
デジタル教育推進校で最先端の指導にふれました

実習先はデジタル教科書など、情報通信技術を活用したICT教育の推進校で、タブレットを取り入れた授業を行っていました。私の小学校時代とは大きく異なる教授法に驚きましたが、先生が手作りした教材も併用し、効果的にデジタル教材を取り入れている面が参考になりました。先生方が集まる研究発表会にも同席させていただき、ICT教育に関する意見や効果をうかがう中で、自分の理想とする教育方針や教育者としてのビジョンが明確になりました。