人間学部

児童教育学科

Department of Childhood Education and Welfare 新宿キャンパス

授業レポート

  • 児童教育学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

教職科目「音楽」の授業で、お箏を学びました

  • 授業レポート_1
  • 授業レポート_2

6月10日(火)・17日(火)、人間学部児童教育学科の教職科目「音楽」の授業で山田流箏曲演奏家である武藤祥圃(むとうしょうほ)先生を講師としてお招きし、小学校教員を目指す2年生がお箏の奏法について学びました。まず、基礎的な奏法を学ぶために「たなばた」を演奏し、次に応用として武藤先生作曲の「平調子の練習曲」を学習しました。学生たちは、「すくい爪」や「弾き連」など、難易度の高いテクニックも体験しました。

現在、小学校の音楽の授業では日本の音楽や和楽器を積極的に教材に使うことが求められています。したがって、小学校の教員を養成する大学でも、日本の音楽や和楽器を学ぶことが必要となりました。当該授業では、お箏のほか、空き缶による三線(さんしん)作り、民謡の歌唱などにも取り組んでいます。