人間学部

児童教育学科

Department of Childhood Education and Welfare 新宿キャンパス

授業レポート

  • 児童教育学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

専門教育科目「地域ネットワーク論」で、フィールドワークを通して「教育の現場性」を学びました

  • 授業レポート
    「事故防止」をテーマに、たくさんの写真を添えたマップ
  • 授業レポート
    地域の小学校の特色をまとめたマップをもとに発表

今日の学校では、地域社会に開かれた学校作りが推進されています。人間学部児童教育学科の専門教育科目「地域ネットワーク論」の授業では、地域と歩む学校作りの方法として「コミュニティ・スクール」や「学校評価」などについて講義を通して学ぶとともに、学校を核とした地域社会を自覚するための方法として「地域マップ」作りの活動を行っています。
「地域マップ」作りの活動では、学生を6つのグループに分け、各グループが地域ネットワークの視点から防犯、防災、事故防止、子どもの遊び場、地域の多文化化、学校などをテーマに、大学周辺をフィールドワークしその成果をレポートとして提出するとともに、模造紙上に地図として表現(可視化)します。 そして、作成した地図を示しながら、フィールドワークの成果をプレゼンテーションします。学生たちは、自分たちの目と足で発見した情報を地図として作品化し、発信することを通じて、「教育の現場性」の大切さを学んでいきます。