人間学部

児童教育学科

Department of Childhood Education and Welfare 新宿キャンパス

授業レポート

  • 児童教育学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

必修科目「コミュニケーション論」でグループワークの成果を発表しました

  • 授業レポート_1
  • 授業レポート_2

人間学部児童教育学科では、1年次春学期の必修科目「コミュニケーション論」で、「地球の未来を考える」というテーマのもとグループワークを行っています。今年も、全10グループが、環境問題や教育問題などそれぞれに関心があることを掘り下げました。春学期の最終授業日である7月24日(木)には、インタビュー調査やフィールドワークを行った結果を報告し、各グループが自分たちの主張、提言を発信しました。このグループワークを通して、一人ひとりの学生が、地球で暮らす一員、すなわち地球市民であることを意識し、未来の子どもたちのために、いま自分たちができることを考えました。
この取り組みは学科の恒例行事となっており、昨年度に同授業を経験した2年生が1年生をサポートしています。授業以外でもミーティングの時間を設け、1年生と2年生が一つのチームとなり、準備を進めてきました。さらに、秋学期の桐和祭(学園祭)で、この取り組みを学習発表会として多くの方々に報告・発表する機会を用意しています。夏季休暇中も各グループがさらにテーマを掘り下げ、発表練習を重ねています。長期的なグループワークを通して、学生たちは仲間とともに一つの物事を創りあげる難しさと楽しさを実感することと思います。