人間学部

児童教育学科

Department of Childhood Education and Welfare 新宿キャンパス

授業レポート

  • 児童教育学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

児童教育学科の4年生52名が教育実習に参加しています

  • 教育実習の様子
    教育実習の様子
  • 実習の心得や授業づくりを学びます
    実習の心得や授業づくりを学びます

小学校教員免許取得のための最終段階である教育実習が、5月11日(月)から始まりました。今年度は、児童教育学科の4年生60名中52名が実習に参加しています。
教職科目「教育実習Ⅲ」では、教育実習開始前の4〜5月に10コマの座学の授業が行われ、実習の心得や授業づくり、実習日誌の記入の仕方や挨拶などについて学習します。また、教育実習開始直前には「大学直前オリエンテーション」も行われ、少人数で挨拶や持ち物などの最終確認を行って実習に臨みます。
本学の教育実習で他大学と異なる点の一つに、「教育実習Ⅰ」があります。これは、教員免許取得を目指す2年生全員が、「教育実習Ⅰ」の学内授業と、中野区立の小学校での1週間の観察実習を行うものです。その後、3年次の「教育実習Ⅱ」において、学内授業と5日間の福祉体験実習、および2日間の特別支援学校実習を修了した者が「教育実習Ⅲ」に臨みます。
児童教育学科では、このような段階的なカリキュラムときめの細かい指導で、教員を志す学生を学科全体でバックアップしています。今まで学科で学んだ成果を、教育実習で存分に発揮できることを願います。