人間学部

児童教育学科

Department of Childhood Education and Welfare 新宿キャンパス

授業レポート

  • 児童教育学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

児童教育学科で「対話型鑑賞教室」を行いました

  • 対話型鑑賞教室_1
  • 対話型鑑賞教室_2

5月28日(土)、児童教育学科特別授業として、川崎市にある「岡本太郎美術館」にて対話型鑑賞教室を行いました。対話型鑑賞を体験したのは、1年次配当科目「図画工作」の履修者、計68名です。
対話型鑑賞とは、その作品について感じ、考えたことを、皆で対話しながら共有していく鑑賞方法のことです。決して正解を求めるのではなく、一人ひとりが自分としての答えを作り出します。
学生たちは対話を通して、自分が気にも留めなかった新しいことに気づいたり、他の人の言葉を聞くことで漠然とした感覚が明瞭化したりするなど、思考の連鎖反応を生む体験をしました。小学校の教員を目指す学生にとって、このような創造的な対話の体験学習はとても重要です。
参加した学生からは、「対話型鑑賞というのは、実際は学芸員の方と話しているだけですが、感覚的には作品と話しているような気持ちになりました。さまざまな絵や立体作品を見て、自分の中で、人間に対する考え方が少し変わった気がします」「学芸員の方からある作品について『どんな音がする?』と聞かれ、作品から感じ取る音は人それぞれ違うのだということに、改めて気づきました。一つの作品からでも、さまざまな音やイメージを感じ取れることが不思議でした。岡本太郎さんの作品は、見る人それぞれの中にあるイメージを引き出すのだと思います」などの感想がありました。