人間学部

児童教育学科

Department of Childhood Education and Welfare 新宿キャンパス

授業レポート

  • 児童教育学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

「教育実習Ⅲ」で児童教育学科5期生の教育実習が始まりました

5月9日(月)より、小学校教員免許取得のための集大成となる教育実習がスタートしました。今年度は、児童教育学科の4年生46名と科目等履修生(児童教育学科卒業生)2名の計48名が教育実習に参加しています。それぞれ各配属小学校より定められた日程で、4週間の実習が行われます。

児童教育学科では、免許取得にあたり段階的なカリキュラムときめの細かい指導で、教員を目指す学生を学科全体でバックアップしています。
2 年次の「教育実習Ⅰ」では、学内での講義と中野区の小学校での観察実習(1週間)を行います。ここでは 実習に際して求められる基礎的・基本的な事柄を確実に身につけ、小学校教員の仕事を現場で直接、体感・体得することを目的としています。
3 年次の「教育実習Ⅱ」では、学内での講義に加え介護等体験として社会福祉施設での実習(5日間)および特別支援学校での実習(2日間)が行われます。
最終段階の「教育実習Ⅲ」では、教育実習開始前の4~5月に学内講義にて、実習の心得やマナー、学校教育における法規、授業づくり、実習日誌の記入方法などについて学習します。さらに実習開始2週間前には、「大学直前オリエンテーション」を実施し、挨拶の仕方や持ち物、実習の流れなどの最終確認を少人数で行い、教育実習に臨みます。

すべての教育実習生が、今まで学科で学んだ成果を存分に発揮し、一段と大きくなって戻ってくることでしょう。この実習での経験が、夢の実現に向けた大きなステップになることを願っています。

  • 教育実習の様子。国語の授業にて、三字熟語の構成を説明しています
    教育実習の様子。国語の授業にて、三字熟語の構成を説明しています
  • 「大学直前オリエンテーション」では教職員・児童向けの挨拶を練習
    「大学直前オリエンテーション」では教職員・児童向けの挨拶を練習
  • 学内での講義で、実習の心得や授業づくりについて学んでいます
    学内での講義で、実習の心得や授業づくりについて学んでいます