人間学部

児童教育学科

Department of Childhood Education and Welfare 新宿キャンパス

授業レポート

  • 児童教育学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 学園トップ

マレーシア臨地研修2017②ミンデン・ハイト小学校での活動

児童教育学科マレーシア臨地研修1

3月5日(日)から3月16日(木)までの12日間、マレーシアのペナンにて行われた児童教育学科の「マレーシア臨地研修」。レポート第2弾の今回は、語学研修を行ったマレーシア科学大学の北側にあるミンデン・ハイト小学校で日本文化紹介のボランティア活動の様子を報告します。
ミンデン・ハイト小学校の校長先生からは、事前に「折り紙と日本の民族舞踊を教えてほしい」とリクエストをいただいていました。そこで、鶴などの折り紙を教えると、子どもたちは熱心に取り組み、折り鶴が出来上がるたびに大喜びしていました。そのほかにも、日本のお祭りの雰囲気を紹介するために、割り箸鉄砲の射的や、折り紙の手裏剣投げなどの(ゲーム)ブースを作ったところ、こちらも大人気!小学校の先生方も、割り箸鉄砲の射的に夢中になっていました。校長先生のもう一つのリクエストだった日本の民族舞踊は、ソーラン節を披露し、子どもたちと一緒に踊りました。また、「上を向いて歩こう」や「涙そうそう」などの歌も披露したのですが、涙を流しながら聴き入ってくれた子どもたちもいて、学生たちはみんな感激していました。
今回も学生の感想を紹介します。

  • 私たちにとっても子どもたちにとっても、非常に楽しい時間を共有することができました。
  • 笑顔と心でコミュニケーションをとり、全力で楽しんでくれた子どもたちを見て心からHappyな気持ちになりました。
  • 外国の子どもたちも日本の子どもたちと同様に、純粋な心を持っており、周りの人に元気を与えるような存在なんだと実感した。

3回目の「臨地研修レポート」では、自閉症児教育センターと老人ホームでの活動を紹介します。

  • 児童教育学科マレーシア臨地研修2
  • 児童教育学科マレーシア臨地研修3
  • 児童教育学科マレーシア臨地研修4