人間学部

子ども学科

Department of Child Studies 新宿キャンパス

学科の特色

現代社会における子どもの育ちの問題に対応できる
専門知識と援助技術

学びの特色

  • 保育・教育・福祉の現場に対応できる保育士・幼稚園教諭を育成
  • 実習中心のカリキュラムで豊かな感性と現場が求める実践力を体得
  • 子どもの発達や子育て支援についての知識と援助技術を習得
  • 子どもの遊びをより豊かにするための技術と表現力を学習

4年間のステップ

学びのポイント

今、求められている保育者を目指す

現代の保育者には、発達支援や保護者支援など、さまざまな能力が必要とされています。
その中で専門性と実践力を発揮できる、豊かな感性とカウンセリングマインドを身につけた保育者の育成を目指します。

  • 感性豊かな保育者

    子どもの成長に不可欠な「遊び」の科目や心を豊かにする実習を通して、芸術や生命、自然に対する豊かな感性を育みます。

    [科目例]子どもと自然Ⅰ~Ⅳ 子どもと遊び演習1~4など

  • 相談援助のできる保育者

    子どもの発達や子育て支援を学ぶ科目を設置。何が必要とされているかを考え、それに対応できる能力を養います。

    [科目例]子どもの発達臨床 家庭支援論 など

学内で保育の基本「音」「美」「体」を養い、現場で活かす

保育の現場で行う歌や楽器演奏、図画工作、ダンスや体操などは、子どもの心を豊かに育てるために欠かせない「音」「美」「体」のスキルです。充実した設備で授業、練習を繰り返し行い、身につけていきます。

レベルに合わせた手厚い指導が受けられます
自由に発想して制作できるよう、さまざまな画材や色で溢れています
子どもたちに必要な身体表現の技術。技能を身につけます

実習のステップ

保育士、幼稚園教論ともに、1年次から実習準備を開始

保育現場で必要となる力を段階的に習得します。
1年次にしっかりと基礎を身につけてから、2、3年次では2週間、4週間の実習を行います。

詳細は「実習について」へ

子ども学科特別行事

学生たちによるすべて手作りのオリジナル劇

毎年行われる学科行事「まみむめめじろ かきくけこども」は、学科の学び「音」「美」「体」を集結したオリジナルの劇です。最大の特徴は、すべてが学生たちの手作りである点。近隣の保育所や幼稚園の子どもたちと保護者の方を招き、子どもの目線に合わせて制作した館内装飾や舞台美術の中で、自分たちで作った曲を表現力豊かに歌い、演奏し、創作ダンスを披露します。子どもたちとのコミュニケーションが図れるだけでなく、チームとして数ヵ月かけて準備を進めるうちに仲間と協力する大切さを身をもって理解でき、授業や実習に活かせる感性や達成感を得ることができます。

施設・設備・授業