人間学部

子ども学科

Department of Child Studies 新宿キャンパス

カリキュラム

4年間で保育・子育て支援の力が身につく
独自のカリキュラム

カリキュラム(専門教育科目)

太字は「必修科目」/〈 〉内は単位数

基幹科目 1年次 人間学の基礎〈2〉
人間発達と福祉〈2〉
子どもと人権〈2〉
2年次
3年次
4年次
子どもの文化・遊びに関する科目 1年次 子どもと自然Ⅰ〈1〉
子どもと自然Ⅱ〈1〉
子どもと生活〈2〉
2年次 子どもと自然Ⅲ〈1〉
子どもと遊び〈2〉
子ども文化論〈2〉
子どもの想像力〈1〉
子どもと遊び演習1(パネルシアター等)〈1〉
子どもと遊び演習2(科学遊び等)〈1〉
子どもと遊び演習3(劇遊び等)〈1〉
子どもと遊び演習4(伝承遊び等)〈1〉
子どもと文学〈2〉
3年次 子どもと自然Ⅳ〈1〉
4年次 世界の子どもたち〈2〉
保育・教育に関する科目 1年次 保育原理Ⅰ〈2〉
保育原理Ⅱ〈2〉
保育者論〈2〉
音楽基礎1〈1〉
音楽基礎2〈1〉
図画工作1〈1〉
図画工作2〈1〉
体育Ⅰ〈1〉
2年次 教育原理〈2〉
教育・保育課程論〈2〉
保育内容演習(健康)〈1〉
保育内容演習(人間関係)〈1〉
保育内容演習(環境)〈1〉
保育内容演習(ことば)〈1〉
保育内容演習(音楽表現)〈1〉
保育内容演習(造形表現)〈1〉
保育内容演習(身体表現)〈1〉
音楽Ⅰ〈1〉
音楽Ⅱ〈1〉
体育Ⅱ〈1〉
3年次 保育内容総論〈1〉
幼児音楽演習1〈1〉
図画工作3〈1〉
保育者とマナー〈2〉
国語〈2〉
算数〈2〉
生活〈2〉
4年次 教育哲学〈2〉
幼児音楽演習2〈1〉
図画工作4〈1〉
発達・福祉支援等に関する科目 1年次 社会福祉〈2〉
児童・家庭福祉〈2〉
発達心理学〈2〉
乳児保育演習Ⅰ〈1〉
2年次 社会的養護〈2〉
社会的養護内容〈1〉
家庭支援論〈2〉
教育心理学〈2〉
発達支援〈2〉
乳児保育演習Ⅱ〈1〉
子どもの保健Ⅰ〈2〉
子どもの保健Ⅱ〈2〉
3年次 相談援助〈1〉
子育て支援1〈2〉
保育相談支援〈1〉
保育心理学演習〈1〉

障害児保育〈2〉
子どもの発達臨床〈2〉
子どもの食と栄養〈2〉
子どもの保健演習〈1〉

在宅保育論〈2〉
4年次 子どもと性格〈2〉
子育て支援2〈2〉
子どもの精神医学〈2〉
実習・実習指導 1年次 基礎実習指導〈1〉
2年次 保育所実習Ⅰ〈2〉
施設実習Ⅰ〈2〉
保育実習指導Ⅰ〈1〉
施設実習指導Ⅰ〈1〉
3年次 保育所実習Ⅱ〈2〉
施設実習Ⅱ〈2〉
保育実習指導Ⅱ〈1〉
施設実習指導Ⅱ〈1〉
臨地研修〈2〉
4年次
セミナー・卒業研究 1年次
2年次 子ども学基礎セミナー〈1〉
3年次 子ども学専門セミナーA〈1〉
子ども学専門セミナーB〈1〉
4年次 子ども学特別セミナーA〈1〉
子ども学特別セミナーB〈1〉
卒業研究〈4〉
教職教育科目 1年次
2年次
3年次 教育と制度と経営〈2〉
幼稚園教育法(音楽表現)〈2〉
幼稚園教育法(造形表現)〈2〉
幼稚園教育法(身体表現)〈2〉
幼稚園教育法(ことば)〈2〉
教育の方法と技術〈2〉
保育の計画と実践〈2〉
4年次 教育実習指導〈1〉
教育実習〈4〉
教職実践演習(幼稚園)〈2〉
※幼稚園教諭一種免許状を取得するには、教職教育科目および本学科の教職必修科目を履修する必要があります
※カリキュラムは若干変更される場合があります

卒業までに必要な単位数 130単位

  • 基礎教育科目 28単位
    • キャリア形成科目 12単位
    • 教養科目 8単位
    • 外国語 6単位
    • スポーツ・健康科目 2単位
  • 専門教育科目 84単位
    • 基幹科目 6単位
    • 子どもの文化・遊びに関する科目 4単位
    • 保育・教育に関する科目 22単位
    • 発達・福祉支援等に関する科目 29単位
    • セミナー・卒業研究 9単位
    • その他の専門教育科目 14単位以上
  • 臨地研修・・・国内外で自主的に研修・調査を行う目白大学独特のユニークな専門教育科目です。修得した単位は、学科により取り扱いが異なります。

  • 自由選択科目 12単位

    所属学科の全科目のほか、本学人間学部・社会学部・経営学部・外国語学部・短期大学部の開放科目、さらに放送大学の科目から12単位までを自由に選択。各自の学習研究・進路に必要な知識・技能を習得することができます。

PICK UP!

子どもと自然Ⅰ・Ⅱ

学生自らが動植物や自然にふれて学ぶ

子どもたちに「命の大切さ」を教えることは、保育者の大切な役割の一つです。この授業では、ウサギなど動物の飼育や農家の方の協力の下で田植えや稲刈り、芋掘りなどを全員が体験します。これらの活動から多くの驚きや発見を重ねながら、命と接することの責任感や自然を尊ぶ力を身につけていきます。また、さまざまな問題に全員で取り組み、解決の喜びを得ることでチームワークの大切さも学んでいきます。将来は身につけた豊かな感性を活かし、一人ひとりの子どもとしっかりと関われる保育者を目指します。

「子どもと自然」におけるおもな実習例
通年 飼育・栽培当番

飼育・栽培は毎日休まず行い、飼育・栽培方法を学ぶ
保育の根本と共通する、日々の変化への注意力も養う

通年 野菜の収穫

保育現場でよく行われる野菜の栽培・収穫方法を習得

5月 田植え・芋苗植え付け

岩槻キャンパス近くの田畑で田植え・芋苗植え付けを体験

6月 梅もぎ・ジャム作り

新宿キャンパス内の梅を収穫し、ジャム作り
保育現場での食育指導の参考にする

6月 動物園見学

8月 キャンプ実習

電気もない場所での自然体験で、協力する大切さを経験

10月 稲刈り・芋掘り・桐和祭(学園祭)

5月に植えた米とサツマイモを収穫
収穫したものは桐和祭で販売

11月 ウコッケイ実習

飼育してきたウコッケイを絞めて、実際に食する
『いただきます』の本当の意味を知ることができる

12月 もちつき

保育現場でもよく行われるもちつきの準備から片付けまでを行い、行事の流れを知る

学生の声
実感した命の尊さを子どもへも伝えられるように

動植物の飼育・栽培方法について、講義と演習から実践的に学びます。ウサギやブタなどのさまざまな動物の飼育や田植え・稲刈り・野菜の栽培を行う中で、野菜の収穫の喜びを味わうこともあれば、動物の生死に立ち会うことも。やりがいや楽しさとともに生命の尊さを自分自身が実感し、子どもにいかに伝えるべきかを考えるようになりました。また、学科の仲間と協力し合って動植物を育てることで身につけた強い責任感も、将来の保育に結びつけたいです。

おもな科目紹介

  • 児童・家庭福祉

    新聞記事やテレビの特集番組などを用いて子育て家庭の状況や子育てを取り巻く環境に関する知識を習得するとともに、どのような課題があるのかについて考えていきます。

  • 乳児保育演習Ⅰ・Ⅱ

    3歳未満の乳児保育を担当する保育者として必要な基礎知識・技術を習得。3歳未満児の健やかな発育・発達を支える援助や、そのあり方についても学びを深めていきます。

  • 子どもの発達臨床

    乳幼児の心理・社会的発達、脳の発達や親子関係、愛着の形成について学習します。今日の課題である虐待の原因、保育者としての支援方法や役割に関する知識も身につけます。

  • 保育内容演習(人間関係)

    乳幼児の自我の芽生えや他者との関わり方を学ぶ授業です。「人間関係」の観点から子どもへの理解を深め、保育者としての指導法・援助について事例などを通して学んでいきます。