人間学部

子ども学科

Department of Child Studies 新宿キャンパス

実習について

保育士、幼稚園教論ともに、1年次から
実習準備を開始

実習のステップ

保育士・幼稚園教諭の両方を目指せる実習プログラム

保育現場で必要となる力を段階的に習得します。
1年次にしっかりと基礎を身につけてから、2、3年次では2週間、4年次では4週間の実習を行います。

  • 保育士
  • 幼稚園教論
  • 1年次
  • 基礎実習指導

    幼稚園・保育所・施設の実習を行う前に、実習生に期待される姿を学びます。講義や現場の先生方の話を通して、実習内容や方法、実習に必要な保育技術を習得します。

  • 実習に対する知識や態度を身につける

  • 2年次
  • 子どもと関わりながら保育所や施設の役割を学ぶ

  • 保育所実習Ⅰ(2週間)
    施設実習Ⅰ(2週間)
    保育所や児童福祉施設などでの観察・参加実習を通して、子どもへの理解を深めるとともに、保育所・施設の機能、保育・施設養護の内容や方法などを学びます。
  • 3年次
  • 子どもへの理解を深め現場での実践力を養う

  • 保育所実習Ⅱ
    または施設実習Ⅱ(2週間)
    保育・自立支援の計画などを作成し、計画に基づき実践することを体験します。子ども、家庭や地域の実態にふれ、現場で必要とされる能力を高めます。
  • 4年次
  • 理論と実践を統合し保育者としての専門性を高める

  • 教育実習(4週間)
    配属クラスの指導計画を立案し、保育をする責任実習を行います。これまでに得た経験や理論を活かしながら、実習園で主体的に保育を行う力を身につけます。
実習体験者の声
手厚いサポートと徹底的な練習で実習に臨みます

実習先の手配や実習前後の指導をしてもらえる実習支援室の存在が心強いです。苦手なピアノは授業だけでなく、個人練習室など充実の設備で友達と助け合いながら練習しています。