人間学部

子ども学科

Department of Child Studies 新宿キャンパス

授業レポート

  • 子ども学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

日本科学未来館で学外活動を実施し、常設展・企画展を見学しました

8月8日(金)、日本科学未来館 宮原裕美氏、千葉磨玲氏のご協力により、人間学部子ども学科3年生・4年生の合同ゼミで学外活動を実施しました。活動のねらいは、見学を通して、教育、ヒューマンインターフェース、生活習慣の自立支援など多角的に子育て支援について考え、学びを深めることです。
まず、日本科学未来館担当者様から、展示している企画の経緯やねらい、展示構成などの概要説明を受けました。イノベーションを育む力をどのように支援していくか、楽しみながら子どもの「ナンデ?」をみんなで育むにはどのような働きかけが必要かなどを考えるきっかけが得られました。
常設の無料キッズスペース「"おや?"っこひろば」の見学では、さまざまな工夫がなされた展示を学生が自分で試したり、参加者の様子を見学したりすることにより、企画の意図を実感しました。遊びを通して、科学的なものの見方を育むための具体的な環境作りについて学べただけでなく、現象を実際に体験することにより、楽しみながら学習することの重要性についても知ることができました。企画展「トイレ? 行っトイレ!〜ボクらのうんちと地球のみらい」では、排泄の自立に向けた援助や排泄に関する多角的な学習支援のあり方などについて理解を深めました。
保育士や幼稚園教諭を目指すゼミ生にとって、実習とは異なる場で、遊びと学び、自然と科学、体験と学習の重要性を学ぶ良い機会となりました。今回得たものの見方、考え方を今後に活かしていってほしいと思います。

(ゼミ担当: 西山 里利専任講師)

  • 宮原裕美氏による講話
    宮原裕美氏による講話
  • 「
    「"おや?"っこひろば」見学の様子
  • 「トイレ? 行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」見学の様子
    「トイレ? 行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」見学の様子