人間学部

心理カウンセリング学科

Department of Psychological Counseling 新宿キャンパス

学科の特色

多様な心理学の領域を深め
心の問題に対する知識と技術を身につける

学びの特色

  • 実験・教育・発達・社会・臨床にわたる心理学全般をカバーしたカリキュラム
  • 心理学の基礎から心のケアについての理論と方法(カウンセリング)までバランス良く履修
  • 臨地研修、ピアサポートなど主体的に学べる体験学習
  • 現場経験の豊富な教授陣の指導による実践的なカウンセリング技法の習得

4年間のステップ

学びのポイント

多様な心理学の領域を学び、コースを選択

カウンセリング科目を軸に、学校心理学、発達心理学、社会心理学など心理学全般を学べるのが本学科の特徴です。基礎から理論・方法までバランス良く学習し、心の問題を理解し、適切に対応できる「心の専門家」を養成します。

  • カウンセリング

    カウンセリングは、心理学の応用領域の一つとして上げられます。しかし、実際カウンセラーとして働いていくための専門的な知識や技術は多岐にわたります。

  • 心理学一般

    心理学の中でもさまざまな領域があります。心理学は哲学から始まりましたが、科学的手法を取り入れつつ、より実証的で応用的なものへ発展してきています。


心理学の領域をもっと見る
  • 疾患や問題による関わり方

    カウンセリングや臨床心理学は、さまざまな人たちの問題改善や生活の質の向上に応用されています。精神疾患や心身症などの精神医学領域の問題を抱える人やがん患者や障害のある人、自己の成長やキャリアを見つめ直す人など、その関わり方は多岐にわたります。

  • 心理療法

    代表的な心理療法は、精神分析学、行動療法、クライエント中心療法(人間学的心理療法)です。しかし、これだけではなく、絵画などを使った芸術療法、家族関係から改善策を考える家族療法、うつ病の改善に効果的とされる認知行動療法などがあり、これも学びます。

  • 心理アセスメント(心理査定)

    カウンセリングでは、まず相談に来た人の悩みや問題を理解することが必要です。これは心理アセスメント(心理査定)と言われています。そのためには、さまざまな心理検査による人格・能力の測定や、面接、行動観察など専門的な技術を学びます。

  • 働く場所に沿った専門性

    カウンセラーや臨床心理士は、医療、学校、福祉、司法・行政、産業などさまざまな場面で活躍するようになりました。それぞれ異なった専門家(医師、教員など)と連携を取りながら支援をしていくので、それぞれの場面で求められる専門性についても理解する必要があります。

  • 発達に関する心理

    子どもの時期を取り上げても、乳児、幼児、児童、思春期・青年期、と移り変わるように、人は生まれてから死に至るまで常に成長・変化し続けます。当然、その経過は人それぞれですが、多くの人に共通する道筋の順序性や秩序を理解するのが発達心理学です。

  • 社会や自己に関する心理

    私たちは常に社会と関係を持ちながら生活しています。人との関わり(対人社会)、社会の動向・流行や集団心理、また人との関わりの中で見つめ直す自我や自己の特徴など、社会生活の中で複雑に絡み合うさまざまな要因を取り上げ、理解していく学問領域です。

  • 実験に基づく心理

    心理学は、理論の構築だけではなく実験を通して理論の正しさを検討していきます。精神活動と生理的な活動の関係を知る「生理心理学」、新しい経験を身につけていく過程を知る「学習心理学」、物の見え方や偏見を知る「認知心理学」などがあります。

  • 発展的に応用する分野

    基礎的な心理学をもとにさらに社会生活に密着した現象や領域に進出し、特有の考え方を提案するのが応用心理学です。家族のような社会の基礎的単位から、スポーツの分野、産業の領域、さらに現在では、さまざまな心理学領域をまたぎ学際的な発展をしています。これらを多岐にわたり学びます。

  • 1年次

    心理学全般や各領域の基礎を幅広く身につけ、専門領域を選択するまでの土台作りを行います。

  • 2年次

    カウンセリング技法の習得や実践的な演習、1年次に学んだ各領域への理解をさらに深めます。
    興味のある専門領域を選択し、コース選択を検討しながら学びます。

  • 3年次よりコースを選択

コースについて

専門的に知識を深めて心理学の学びを将来につなげる
  • カウンセリング研究コース

    心理臨床技術の習得を重視した科目を多く設置。カウンセリングの理論と方法について専門的に学びます。「心の専門家」を目指す学生や、大学院に進学して臨床心理士などを目指す学生にとって最適なコースです。

    〈進路イメージ〉
    病院での心理職/スクールカウンセラー/児童養護施設/障害児・者療育施設など

    学校カウンセリング特講2・3(ピアサポートA・B)
    教育現場で子どもたちの心の声に耳を傾けて、自ら考えて行動し続ける力を養う

    メンタルサポート・ボランティアとして毎週小・中学校に行き、1年間活動します。学習をサポートしたり、話を聴いたりと、子どもたちの支援や先生方のお手伝いをします。心理的な配慮とともに支援するため、子どもたちの長所や能力に注目すること、子どもたちを肯定的に受け止め続けることの大切さを学びます。先生方とのコミュニケーションも欠かせません。学内の授業では、教員による指導だけでなく、学生同士でも支え合います。

    仲間の支えを背景に自分の心を鍛える
    黒沢 幸子教授

    「ピアサポート」は「仲間同士の支え合い」を意味します。小・中学校での活動と学生の相互支援を行うのが、目白大学オリジナル授業「ピアサポート」です。学校現場も子どもの心の育ちも厳しさを増す中、1年間子どもの心に寄り添う責任ある活動を継続することで、仲間の支えと自分の成長を実感できるでしょう。

  • 心理研究コース

    さまざまな領域の心理学を学ぶことができるので、心理学を教養として幅広く学びたい学生にとって最適なコース。公務員の心理職のほか、一般企業での企画やマーケティング、営業など多彩なフィールドで活躍できます。

    〈進路イメージ〉
    心理職公務員/サービス業/企業のマーケティング部門/企業の人事労務部門など

    社会心理学特講3(自我・自己)
    難解なテーマを多様な心理学領域の観点からとらえ、知識の深化と自己成長を促す

    「自我・自己」というテーマは心理学においてとても重要な問題ですが、難解なテーマでもあります。授業では本テーマについて人格心理学・社会心理学そして発達心理学の観点から分かりやすく解説します。たとえば、日本という文化が現在の自己に与えている影響を考えていきます。さらに自己に関する専門的な概念についても取り上げ、学生の心理学的な考え方を深めると同時に、自己成長を促します。

    心理学を通じてポジティブな自分を作ろう
    小野寺 敦子教授

    私たちは、ストレス社会に生きています。ストレス社会を前向きに生きていくにはどうしたらよいかを心理学を通じて考えていきましょう。この授業を通して、学生が現在の自分自身の理解を深め自己成長してくれることを期待しています。心理学を学べば生きる知恵が自然と身についていきますよ。

臨床心理士になるには

臨床心理士を目指して
大学院へ進学

臨床心理士養成指定大学院(1種・2種)または専門職大学院を修了することで、受験資格を取得します。さらに公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必要になります。第1種指定の目白大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻を修了した学生は、実務経験免除で資格試験を受験できます。

施設・設備