人間学部

心理カウンセリング学科

Department of Psychological Counseling 新宿キャンパス

学科からのお知らせ

  • 心理カウンセリング学科
  • 学科からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

心理カウンセリング学科 宇野ゼミの学生たちが「オレンジリボン大賞」を受賞しました!

オレンジリボン大賞受賞

2月5日(日)、人間学部心理カウンセリング学科の宇野耕司ゼミに所属する学生たちが、認定特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワーク主催「学生によるオレンジリボン運動」の全国大会で、オレンジリボン大賞を受賞しました。オレンジリボン運動とは、児童虐待防止の広報・啓発運動のことです。近年、児童相談所の児童虐待の相談対応件数は増加傾向にあり、虐待による死亡例も報告され、深刻な社会問題となっています。
宇野ゼミでは、「広げよう、児童虐待防止の輪―目白初から目白発―」というテーマを掲げ、2015年度の桐和祭(学園祭)からオレンジリボン運動をスタート。「虐待防止のために学生ができることは何か?」という問いを立て、これまでに学園祭街頭での啓発活動子ども食堂の3つの活動を学生主体で実施しました。さらに、学生たちは、自分たちが卒業しても、宇野ゼミの後輩たちで活動を継続していけるよう、「オレンジリボンStart upプログラム」と名付けたシステムを考案中です。将来的には、学年や所属ゼミの枠を超えて、目白大学全体でオレンジリボン運動に取り組み続けることも視野に入れています。
今回の大会は、これまでの活動の総括として参加。書類選考を通過した6校の大学が最終選考に進みました。最終選考では、これまでの活動実績や将来的な展望をまとめたプレゼンテーションを大学ごとに実施。活動内容のオリジナリティや継続性を評価していただき、今回の受賞に至りました。
学生たちは、今後もオレンジリボン運動を通して、児童虐待防止の重要性を大学生という立場から発信していくことを目指しています。