人間学部

人間福祉学科

Department of Social Welfare Services 新宿キャンパス

カリキュラム

4年間で福祉の力が確実に身につく
独自のカリキュラム

カリキュラム(専門教育科目)

太字は「必修科目」/〈 〉内は単位数

基幹科目 1年次 人間学の基礎〈2〉
社会福祉入門〈2〉
社会福祉原論Ⅰ*▲★〈2〉

生命倫理★〈2〉
2年次
3年次 社会福祉原論Ⅱ*▲〈2〉
4年次
人間性の理解に関する科目 1年次 医学一般*▲★〈2〉
認知症ケア概論Ⅰ★〈2〉
人間関係論★〈2〉
2年次 医学知識★〈2〉
介護技術方法論Ⅰ★〈2〉
精神医学Ⅰ▲〈2〉
精神医学Ⅱ▲〈2〉
発達心理学(子ども発達の基礎)〈2〉
臨床心理学〈2〉
障害児・者の心理学★〈2〉
高齢者の心理学★〈2〉
保健医療サービス*▲〈2〉
3年次 介護技術方法論Ⅱ★〈2〉
介護技術方法論Ⅲ★〈2〉
認知症ケア概論Ⅱ★〈2〉
臨床心理地域援助論〈2〉
精神保健学Ⅰ▲★〈2〉
精神保健学Ⅱ▲〈2〉
4年次
人間の福祉に関する科目 1年次 児童福祉論Ⅰ*〈2〉
児童福祉論Ⅱ*〈2〉
障害者福祉論Ⅰ*▲★〈2〉
障害者福祉論Ⅱ*▲〈2〉
介護福祉概論*★〈2〉
地域福祉論Ⅰ*▲〈2〉
2年次 地域福祉論Ⅱ*▲〈2〉
精神保健福祉論Ⅰ▲〈2〉
精神保健福祉論Ⅱ▲〈2〉
高齢者福祉論Ⅰ*★〈2〉
高齢者福祉論Ⅱ*〈2〉
3年次 精神障害者の生活支援システム▲〈2〉
4年次
社会福祉制度・政策に関する科目 1年次
2年次 社会保障論Ⅰ*▲★〈2〉
社会保障論Ⅱ*▲〈2〉
権利擁護と成年後見制度*▲〈2〉
3年次 公的扶助論*▲〈2〉
福祉行財政と福祉計画*▲〈2〉
福祉サービスの組織と経営*〈2〉
社会福祉思想史〈2〉
更生保護制度*〈2〉
4年次
福祉支援に関する科目 1年次 相談援助の基盤と専門職Ⅰ*▲〈2〉
相談援助の基盤と専門職Ⅱ*▲〈2〉
2年次 相談援助の理論と方法Ⅰ*〈2〉
相談援助の理論と方法Ⅱ*〈2〉
精神科ソーシャルワーク論▲〈2〉
医療ソーシャルワーク論〈2〉
スクールソーシャルワーク論Ⅰ〈2〉
3年次 相談援助の理論と方法Ⅲ*〈2〉
相談援助の理論と方法Ⅳ*〈2〉
社会調査の基礎*〈2〉
精神科リハビリテーション学Ⅰ▲〈2〉
精神科リハビリテーション学Ⅱ▲〈2〉
精神保健福祉援助技術各論Ⅰ▲〈2〉
精神保健福祉援助技術各論Ⅱ▲〈2〉
ケアマネジメント論〈2〉
福祉環境・工学論〈2〉
発達臨床論〈2〉
障害児・者援助論〈2〉
就労支援サービス*〈2〉
ファミリーソーシャルワーク論(子ども・家族)〈2〉
リハビリテーション論★〈2〉
レクリエーション活動援助法B〈2〉
介護教育方法論★〈2〉
福祉支援実習指導〈1〉
4年次 スクールソーシャルワーク論Ⅱ〈2〉
演習 1年次
2年次 相談援助演習Ⅰ*〈2〉
相談援助演習Ⅱ*〈2〉
相談援助演習Ⅲ*〈2〉
3年次 相談援助演習Ⅳ*〈2〉
相談援助演習Ⅴ*〈2〉
介護技術演習〈2〉
精神保健福祉援助演習(基礎)▲〈2〉
精神保健福祉援助演習Ⅰ▲〈2〉
コミュニケーション演習〈2〉
4年次 精神保健福祉援助演習Ⅱ▲〈2〉
実習指導 1年次
2年次 相談援助実習指導Ⅰ*〈1〉
3年次 相談援助実習指導Ⅱ*〈1〉
相談援助実習指導Ⅲ*〈1〉
精神保健福祉援助実習指導Ⅰ▲〈1〉
4年次 精神保健福祉援助実習指導Ⅱ▲〈1〉
精神保健福祉援助実習指導Ⅲ▲〈1〉
実習 1年次
2年次 相談援助実習Ⅰ*▲〈1〉
3年次 相談援助実習Ⅱ*〈4〉
4年次 精神保健福祉援助実習▲〈6〉
臨地研修 1年次
2年次
3年次 臨地研修(短期)〈2〉
臨地研修(長期)〈4〉
4年次
セミナー・卒業研究 1年次
2年次
3年次 人間福祉学専門セミナーA〈1〉
人間福祉学専門セミナーB〈1〉
4年次 人間福祉学特別セミナーA〈1〉
人間福祉学特別セミナーB〈1〉

社会福祉特論Ⅰ〈2〉
社会福祉特論Ⅱ〈2〉
卒業研究〈4〉
介護専門科目 1年次 介護の基本Ⅰ★〈2〉
レクリエーション活動援助法A★〈2〉
介護過程Ⅰ★〈1〉
2年次 介護の基本Ⅱ★〈2〉
介護の基本Ⅲ★〈2〉
コミュニケーション技術Ⅰ(講義)★〈2〉
コミュニケーション技術Ⅱ(演習)★〈1〉
生活支援技術Ⅰ★〈1〉
生活支援技術Ⅱ★〈1〉
生活支援技術Ⅲ★〈2〉
生活科学概論Ⅰ(栄養・調理)★〈2〉
生活科学概論Ⅱ(被服・住居)★〈2〉
介護過程Ⅱ★〈1〉
介護過程Ⅲ★〈1〉
介護総合演習Ⅰ★〈1〉
介護総合演習Ⅱ★〈1〉
介護実習Ⅰ★〈2〉
介護実習Ⅱ★〈3〉
3年次 介護の基本Ⅳ★〈2〉
介護の基本Ⅴ★〈2〉
生活科学実習Ⅰ(栄養・調理)★〈1〉
生活科学実習Ⅱ(被服・住居)★〈1〉
介護過程Ⅳ★〈1〉
介護過程Ⅴ★〈1〉
介護総合演習Ⅲ★〈1〉
介護総合演習Ⅳ★〈1〉
介護実習Ⅲ★〈5〉
医療的ケア論Ⅰ★〈2〉
医療的ケア論Ⅱ★〈2〉
医療的ケア演習★〈1〉
4年次 介護の基本Ⅵ★〈2〉
生活支援技術Ⅳ★〈1〉
*社会福祉士取得に関連する科目/▲精神保健福祉士取得に関連する科目/★介護福祉士取得に関する科目
※社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験資格を取得するには、基礎教育科目の「法学」「社会学」「心理学」を履修する必要があります
※カリキュラムは若干変更される場合があります

卒業までに必要な単位数 124単位

  • 基礎教育科目 28単位
    • キャリア形成科目 12単位
    • 教養科目 8単位
    • 外国語 6単位
    • スポーツ・健康科目 2単位
  • 専門教育科目 84単位
    • 基幹科目 6単位
    • 必修科目 12単位
    • その他の専門教育科目 58単位
    • セミナー・卒業研究 8単位
  • 臨地研修・・・国内外で自主的に研修・調査を行う目白大学独特のユニークな専門教育科目です。修得した単位は、学科により取り扱いが異なります。

  • 自由選択科目 12単位

    所属学科の全科目のほか、本学人間学部・社会学部・経営学部・外国語学部・短期大学部の開放科目、さらに放送大学の科目から12単位までを自由に選択。各自の学習研究・進路に必要な知識・技能を習得することができます。

おもな科目紹介

  • 介護教育方法論

    介護福祉を教えるための知識や技術を習得します。教えること、学ぶことの意味を理解するとともに、介護福祉教育の実践的な授業計画を作成し、30分間の模擬授業を行います。

  • 相談援助演習Ⅴ

    福祉専門職である社会福祉士に必要な援助技術に重点を置き、演習やグループ討議、事例研究を行うことで、対人援助場面で求められる具体的な援助方法や技術を身につけます。

  • スクールソーシャルワーク論Ⅰ・Ⅱ

    不登校やいじめ、非行など、学校現場における教育問題の事例を通して、日本での学校ソーシャルワーク実践の可能性について検討します。また演習形式で支援方法も学びます。

  • 生活支援技術Ⅲ

    生活支援を必要とする方の尊厳を守る観点から利用者の自立と自律を尊重し、その人らしい生活を考えた上で、適切な援助をすることができる知識と技術の習得を目指します。