人間学部

人間福祉学科

Department of Social Welfare Services 新宿キャンパス

学科からのお知らせ

  • 人間福祉学科
  • お知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

東京都立久留米西高等学校の1年生が人間福祉学科の授業を体験しました

東京都立久留米西高等学校の1年生が人間福祉学科の授業を体験しました_0

8月26日(水)、東京都立久留米西高等学校の1年生29名が上級学校訪問及び体験授業を目的として来学、人間福祉学科で福祉について1日しっかり学びました。
午前中はまず、荏原順子教授による全体講義『認知症ってどんな病気?』を受講しました。認知症の方とお話しした経験は少ないという高校生たちでしたが、認知症ケアの歴史や、症状のわかりやすい解説に真剣な表情で聞き入っていました。
その後は、現役学科生3名と卒業生1名によるトークセッション。『なぜ私たちは福祉という進路を選んだのか? ~先輩たちに聞いてみよう!』と題し、進路選択のきっかけや、イメージしていた大学生活とのギャップなどを紹介しました。そのざっくばらんな話しぶりに、はじめ緊張気味だった高校生たちも一気に打ち解けたようでした。
昼食をはさんで、制服から運動着姿に着替えた高校生たち。午後は体験実習に挑みました。『ブラインド・コミュニケーション~目が見えない人とのコミュニケーション』(天野由以専任講師)では、目隠しをした相手に対して、どこにスプーンやコップが置いてあるか言葉で伝えるというロールプレイを実践し、相手の立場で考えることの大変さを実感しました。
『車いす介助体験~安心して乗ってもらうために必要なこと』(福島忍准教授)では二人一組となって、「命」を乗せる車椅子の動かし方のポイントについてレクチャーを受け、交互に実践。活発な意見交換や大きな笑いもあり、和やかな雰囲気の中で実習を終えました。
本日の体験が、今回参加した高校生たちにとって、現在の福祉・介護、そしてこれからの将来を考えていくにあたって何か少しでも気づきやヒントになってくれたらと思います。

  • 東京都立久留米西高等学校の1年生が人間福祉学科の授業を体験しました_1
  • 東京都立久留米西高等学校の1年生が人間福祉学科の授業を体験しました_2
  • 東京都立久留米西高等学校の1年生が人間福祉学科の授業を体験しました_3