人間学部

人間福祉学科

Department of Social Welfare Services 新宿キャンパス

メディア・出版

  • 人間福祉学科
  • メディア・出版
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

人間福祉学科の荏原順子教授が執筆した記事が 建帛社だより『つくし』に掲載されました

人間学部人間福祉学科の荏原教授が執筆した記事が、建帛社だより『つくし』に掲載されました。
『つくし』は建帛社が年に2回発行している新聞で、大学・短大などにおいておもに介護・福祉系、食品・栄養系を専門分野とする教員に配布されています。
本年2月に厚生労働省社会保障審議会福祉部会 福祉人材確保専門委員会により提出された報告書「2025年に向けた介護人材の確保~量と質の好循環の確立に向けて~」では、2025年までに介護福祉士資格取得者を介護職の中核的存在として位置づけることが示されています。介護福祉士養成大学連絡協議会会長である荏原教授はこの内容を受け、介護福祉士養成校としては「教育の質の確保」がこれまで以上に重要であること、さらに、そのために何をすべきかについて『つくし』紙面で述べています。
また、4年制大学卒業の介護福祉士としての強みについても言及。4年間の質・量ともに充実した学びの内容によって、介護福祉の根拠となる知識や技術を得られること、および大学での基礎科目などの履修をバックボーンとし、利用者・介護職チーム・他職種などと連携する能力が身につくことなどを挙げ、そうした利点、強みをさらに伸ばしていくための仕組みづくりについて提案しています。
高齢者の増加に伴い、資格をとりまく制度も大きく変容している介護専門職。荏原教授は、「これからの介護職の中核を担うにふさわしい、リーダーとしての資質の基礎となる教育を行っていきたい」と文章を締めくくっています。

人間福祉学科 荏原順子教授の教員紹介