人間学部

人間福祉学科

Department of Social Welfare Services 新宿キャンパス

授業レポート

  • 人間福祉学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

ゼミ活動 人間福祉学科 矢島ゼミの学生が島田療育センターで見学実習をしました

人間福祉学科 矢島卓郎ゼミの学生が島田療育センターで見学実習をしました
多くのAAC機器をご紹介いただきました

7月31日(金)に、人間学部人間福祉学科・矢島卓郎教授のゼミに所属する3年生などが社会福祉法人島田療育センターで見学実習を行いました。
島田療育センターは日本で最も古い重症心身障害児施設(医療型障害児入所施設)で、現在約220名の重症心身障害児者(重症児)が入所し、きめ細かい医療的ケアや日常生活支援を受けています。重症児の多くがコミュニケーションをうまくとれないため、職員は拡大・代替コミュニケーション機器(AAC)を活用して、コミュニケーションや生活の質の向上を図っています。また、外来では、重症児以外に発達障害児が多く、そこでもAAC機器を使った療育が盛んに行われています。
ゼミ生は、病棟を見学して生活の実情を知るとともに、さまざまなパソコンやスイッチ、ソフトをコミュニケーションの道具として活用できる拠点「ピコピコルーム」のAAC機器について説明を受けました。その後、タッチパネルや各種スイッチを実際に操作し、AAC機器について、またそれらを使用する意義などについて、体験を通じて学習しました。
矢島ゼミでは、3年前からこの時期に見学実習を行い、それをふまえて桐和祭でAAC機器などの展示をしてきました。今年は、10月24日(土)・25日(日)に開催される桐和祭で「スイッチで遊ぼう」を展示します。ぜひ遊びに来てください。

  • 実際にAAC機器に触れ、使い方や活用方法について学びます
    実際にAAC機器に触れ、使い方や活用方法について学びます
  • さまざまなAAC機器
    さまざまなAAC機器
  • 「ピコピコルーム」前にて。学生たちはこの貴重な経験を今後に生かしていきます
    「ピコピコルーム」前にて。学生たちはこの貴重な経験を今後に生かしていきます