看護学部

Faculty of Nursing
岩槻キャンパス

本学の建学の精神である「主・師・親」に基づき、看護に必要な専門的知識・技術と態度を身につけ、
実践力のある看護師、保健師の養成を目指します。
また、変革する社会に対応しうる人間性豊かな感性を兼ねそなえた人材を育成します。

看護学部 学科構成

学部長メッセージ

「その人」の生命に向き合い、
心に寄り添い続けることのできる医療人へ
看護学部長
堤 千鶴子

社会がどのように変化しても、人間の尊厳と生命への畏敬は変わりません。一人ひとりが異なる存在である人間「その人」の生命に向き合い、健康と生活そして「その人」の心に寄り添い続けることが看護の力です。「人間を理解する力」「生命の尊厳に寄り添う力」これらに裏付けられた「優れた実践力」を培うことは、看護力だけではなく自らが生きていく上での、人間力を培うことにもなるのです。このキャンパスを拠点として、学部を越えた学生間交流や、地域社会との積極的な関わりを持ち、自ら問題に気づき、解決方法を考え、解決に向けて行動する主体的・創造的な力を育んでください。
「その人の生きる」を支える人になるために一緒に歩んでいきましょう。