看護学部

看護学科

Department of Nursing 岩槻キャンパス

カリキュラム

4年間で看護の力が身につく
独自のカリキュラム

カリキュラム(専門教育科目)

太字は「必修科目」/〈 〉内は単位数

人間理解領域
看護学科の基本的課題である人間理解に対応する科目群
1年次 解剖学〈2〉
生理学〈2〉
微生物学〈1〉
病理学〈2〉
薬理学〈1〉
臨床医学総論〈1〉

臨床心理学〈1〉
高齢者・障害者の心理〈1〉
栄養学〈1〉
2年次 健康障害論Ⅰ(生命維持関連)〈2〉
健康障害論Ⅱ(慢性・精神関連)〈2〉
健康障害論Ⅲ(成長・発達関連)〈2〉
3年次
4年次
社会連携領域
社会制度を理解し、生活者の健康を総合的に理解するための科目群
1年次 医療概論〈1〉
看護倫理〈1〉

医療福祉論〈2〉
公衆衛生学〈1〉
2年次 保健統計学〈2〉
看護に関係する法規〈1〉
社会福祉学〈1〉

保健医療福祉行政論*〈2〉
3年次 疫学*〈2〉
4年次
看護の基礎領域
看護の実践に必要な基礎的な知識・技術・態度を習得するための科目群
1年次 基礎看護学概論〈2〉
基礎看護方法論Ⅰ(共通・基本技術)〈2〉
基礎看護方法論Ⅱ(生活援助技術)〈2〉
基礎看護方法論Ⅲ(診療に伴う援助技術)〈2〉
基礎看護方法論Ⅳ(フィジカルアセスメント)〈2〉
基礎看護学実習Ⅰ(日常生活援助・フィジカルアセスメント)〈1〉
2年次 基礎看護方法演習(看護過程)〈1〉
基礎看護学実習Ⅱ(看護過程)〈2〉
3年次
4年次
看護実践領域
看護の対象を成長発達の視点と生活の場の視点から全体的に理解するための知識・技術・態度を習得する科目群
1年次 成人看護学概論〈1〉
老年看護学概論〈1〉
在宅看護学概論〈1〉
地域看護学概論〈2〉
2年次 成人看護方法論Ⅰ(急性期・回復期)〈2〉
成人看護方法論Ⅱ(慢性期・終末期)〈2〉
老年看護方法論〈2〉
小児看護学概論〈1〉
母性看護学概論〈1〉
母性看護方法論〈2〉
精神看護学概論〈1〉
精神看護方法論〈2〉
在宅看護方法論Ⅰ(看護方法)〈2〉
保健指導方法論〈2〉
3年次 成人看護方法演習〈1〉
老年看護方法演習〈1〉
小児看護方法論〈2〉
小児看護方法演習〈1〉
母性看護方法演習〈1〉
精神看護方法演習〈1〉
在宅看護方法論Ⅱ(ケアマネジメント)〈1〉
成人看護学実習Ⅰ(急性期・回復期)〈3〉
成人看護学実習Ⅱ(慢性期・終末期)〈3〉
老年・在宅看護学実習Ⅰ(施設看護)〈3〉
老年・在宅看護学実習Ⅱ(継続看護)〈3〉
小児看護学実習〈2〉
母性看護学実習〈2〉
精神看護学実習〈2〉

グループ支援・組織化活動論*〈1〉
公衆衛生看護管理論*〈1〉
産業・学校保健活動論*〈1〉
公衆衛生看護学実習Ⅰ(産業・学校保健活動)*〈1〉
4年次 対象別地域看護活動論*〈2〉
地域診断論*〈1〉
公衆衛生看護学実習Ⅱ(地域保健活動)*〈4〉
看護の統合領域
看護を将来的に発展させるための知識・態度を習得する科目群
1年次 災害看護*〈1〉
2年次
3年次 看護管理学〈2〉
看護研究〈1〉
看護研究方法〈1〉
4年次 統合技術演習〈1〉
総合看護学セミナー〈1〉
卒業研究〈2〉
統合看護実習〈2〉
  • 基礎看護学
  • 成人看護学
  • 老年看護学
  • 小児看護学
  • 母性看護学
  • 精神看護学
  • 在宅看護学
  • 地域看護学
*は保健師課程選択者は必修科目
※カリキュラムは若干変更される場合があります

卒業までに必要な単位数 128単位

  • 基礎教育科目 30単位
    • 教養科目 4~8単位
    • 基礎演習 8単位
    • 外国語 4単位
    • スポーツ・健康 2単位
    • その他の選択科目 8~12単位
  • 専門教育科目 92単位
    • 人間理解領域 15単位
    • 社会連携領域 6単位
    • 看護の基礎領域 14単位
    • 看護実践領域 48単位
    • 看護の統合領域 9単位
  • 自由選択科目 6単位

    基礎教育科目、専門教育科目、他学部指定科目(2年次以降履修)、放送大学の科目から自由に選択。各自の学習研究・進路に必要な知識・技能を習得することができます。

おもな科目紹介

  • コミュニケーション演習

    自己洞察と他者理解を深め、対人関係の基本を実践的に学ぶ演習です。とくに、看護・医療に携わる者にとって、対象となる他者を理解し受け入れることはきわめて重要です。どのようにすればそうした受容・理解が可能か、理論と実践を通して学んでいきます。 *「コミュニケーション演習」は基礎教育科目です。

  • 保健指導方法論

    健康支援に必要な保健指導技術とその基盤となる保健行動理論について学びます。また、地域の集団を対象とする健康教育の企画立案演習により、健康支援のための援助を実践できる力を養います。

  • 看護倫理

    看護に関わる倫理、倫理規定などを学習し、看護の実践場面で生じるさまざまな倫理的問題などについても学んでいきます。

  • 老年看護方法演習

    歩く・立つ・食べる・寝るなど、老年期に変化しやすい、生活行動の基本となる身体の可動性を観察し、その人に合ったより良い状態で維持・機能させていくための支援プログラムを学びます。