社会学部

地域社会学科

Department of Community Studies 新宿キャンパス

学科からのお知らせ

  • 地域社会学科
  • 学科からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 研究・社会貢献

サッカーJ1チームのエコボランティア活動に地域社会学科の学生が参加

エコボランティア
ボランティアリーダーから説明を受ける学生たち

6月1日(日)、目白大学社会学部地域社会学科の学生6名が、プロサッカークラブJ1大宮アルディージャ(NACK5スタジアム大宮)のエコボランティア活動に参加しました。30℃を越える暑さの中、アルビレックス新潟戦が行われるスタジアムにて学生たちはクラブのボランティアスタッフと協力し、エコステーションのごみの分別確認やごみ袋の交換、チラシ配りや車椅子誘導、試合後の清掃活動などを行いました。
大宮アルディージャは2008年に「エコクラブ」を発足させ、2011年に「環境方針」を発表。2012年には環境「ISO14001」認証を取得し、スタジアムやオフィス、ホームタウンでのさまざまなエコ活動やクリーン活動に積極的に取り組んでいます。 目白大学は、大宮アルディージャのオフィシャルエコパートナーとしてその活動を支援するとともに、学生には、その活動を通してボランティア体験を積み、エコマインドを身につけ、スポーツを通じた地域活性化の意義を学び、おもてなしのこころを感じてもらいたいと思っています。
大宮アルディージャとの連携による学生エコボランティア活動は、今後も毎月1回のペースで11月まで実施する予定です。

  • 活動前のミーティング
    活動前のミーティング
  • エコステーションでの作業
    エコステーションでの作業
  • 試合後の清掃活動
    試合後の清掃活動

※学科・学年を問わず参加できますので、エントリー・問い合わせは地域社会学科飛田満教授までご連絡を。