社会学部

地域社会学科

Department of Community Studies 新宿キャンパス

学科からのお知らせ

地域社会学科の学生が「新宿の森・あきる野」自然体験ツアーに参加しました

8月23日(土)、地域社会学科の学生5名が、新宿区環境対策課の「新宿の森・あきる野」自然体験ツアーにボランティアスタッフとして参加しました。新宿区では、東京都あきる野市に「新宿の森」を開設し、区民が参加する植林・下草刈り体験などを通じた環境学習と、地元の方々との地域間交流を目的としたツアーを実施。この「新宿の森」で行う森林整備事業によるCO2吸収量は、区内のCO2排出量の一部と相殺(カーボンオフセット)され、それ自体、新宿区のユニークな地球温暖化対策の取り組みの一つとなっています。
学生たちは早朝、新宿区役所を出発。「新宿の森」に到着すると、準備体操をし、蜂よけネットを被り、大鎌の使い方など安全な作業のための指導を受けたあと、山の斜面で真剣に下草刈り作業に汗を流しました。作業後はネイチャーガイドの方の案内で山歩きと森林観察。地元食材を使った昼食と地元の方々との交流会。温泉に入って汗を流し、「新宿の森」をあとにしました。
学生たちは大人班と子ども班に分かれて、ツアー参加者の誘導、作業中の安全管理や写真記録など、環境対策課の補助要員としてのミッションを遂行しました。学生たちからは、「普段は体験できない貴重な体験ができた」「東京にも雄大な自然があることを知った」「下草刈りは楽しい・面白い・気持ちがいい」「シニア層が元気なのには圧倒された」「こんなに健康にも環境にも優しい活動があるなんて」「参加してよかった」「また参加したい」「参加を勧めたい」といった感想が聞かれました。

  • 地域社会学科
  • 地域社会学科
  • 地域社会学科

「エコキャンパス」サイト