社会学部

地域社会学科

Department of Community Studies 新宿キャンパス

授業レポート

  • 地域社会学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

「プロデュース論」で坂内剛至氏による講演とトークセッションを行いました

プロデュース論

地域社会学科が専門教育科目として、学科の2年次生以上を対象とし開講している「プロデュース論」。さまざまな業界のビジネスマンの成功事例を分析しながら、仕事術のほか、プロジェクトに必要な段取り力や企画力を学びます。

12月4日(金)の本講義では「観光プロデュース」の事例を学習するため、有限会社 ネイチャープラネット 代表取締役の坂内剛至氏をゲストスピーカーとしてお招きし、講演とトークセッションを行いました。
坂内氏は自身の生まれ育った、栃木県日光市川治地区の良さを全国へ発信すべく、エコツーリズム事業を展開する会社を2005年に設立。日光・那須の自然豊かなフィールドを舞台に、カヌー・トレッキングなどの体験型ツアーを企画・運営するほか、チイキカチ計画 執行役員やNPO法人とちぎグリーンエージェント代表理事などもこなし、ふるさとの魅力を県外の人へ広める活動を勢力的に行っています。今回は地域振興に尽力している様子を多くの具体的活動例から活動中の笑い話まで含め、学生へ紹介してくださいました。
鉄道会社やアウトドアメーカーなどとコラボレーションした体験型プログラムや企画にも積極的に取り組み、常に新たなビジネスチャンスをつかもうとする坂内氏の仕事に対する姿勢には、学生、教員共々、感心した様子でした。
講演後は、坂内氏と、授業を担当している地域社会学科 大西律子教授とのトークセッションを実施。事前に回収した学生からの質問をまとめて、大西教授が坂内氏に問いかけていきました。サラリーマン経験後の起業という新たな挑戦に至った経緯や、事業が軌道に乗るまでの苦労話、地域や組織の人々と共同で事業を成功させる極意など、地域振興や観光事業のみにとどまらず、あらゆるビジネスの場面にも活用できそうなスキルをお話ししていただきました。学生たちも終始、メモを取る手を休めずに、坂内氏のトークに耳を傾けていました。
机上の学習では分からない、現場の空気を感じることができた貴重な機会となり、学生たちも充実した表情を浮かべていました。今後の大学生活や就職後の多様な場面において、この日の坂内氏から得た教訓が活かされることを、学生たちに期待しています!

  • 次から次へと活動例の紹介が!たくさんの活動例に驚きました
    次から次へと活動例の紹介が!たくさんの活動例に驚きました
  • 大西教授とのトークセッションでも数々の企画にまつわるお話が聞けました
    大西教授とのトークセッションでも数々の企画にまつわるお話が聞けました
  • 坂内氏は、「とちぎの元気力」として新聞でも紹介されました
    坂内氏は、「とちぎの元気力」として新聞でも紹介されました