社会学部

メディア表現学科

Department of Media Presentation 新宿キャンパス

メディア・出版

  • メディア表現学科
  • メディア・出版
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

メディア表現学科の小林賴子教授が「六本木アートカレッジ・セミナー」で講師を務めます

社会学部メディア表現学科の小林賴子教授が、12月12日(月)に開催される「六本木アートカレッジ・セミナー/VR Visionary Talk」で講師(スピーカー)を務めます。「新フェルメール論!?~名画誕生のアルゴリズムに迫る~」と題して、フェルメールの「眼」というレンズがとらえた画角をテーマに、彼の作品誕生のアルゴリズムの読み解きに挑戦します。
日本を代表するフェルメール研究者である小林教授と、写真家・東京藝術大学美術学部准教授の鈴木理策氏によるジョイント・トークもあり、両者の視点のコラボレーションから、これまでにないフェルメール像、絵画観があぶり出されます。
今回のセミナーでは、絵画鑑賞システム(ViewPaint)~フェルメールの代表作『牛乳を注ぐ女』を3DCGで三次元空間に再構築したコンテンツ~を活用し、フェルメールの制作現場をリアルに追体験できるのが見どころのひとつ。現代ならではの手法で、フェルメールの新たな世界を見ることができます。

  • 六本木アートカレッジ・セミナー
    VR Visionary Talk「新フェルメール論!? ~名画誕生のアルゴリズムに迫る~」
  • 日 時:2016年12月12日(月)19:00~20:30
  • 会 場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
    ※詳細は「六本木アートカレッジ・セミナー」サイトをご確認ください。