社会学部

メディア表現学科

Department of Media Presentation 新宿キャンパス

メディア・出版

  • メディア表現学科
  • メディア・出版
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 学園トップ

メディア表現学科の小林頼子教授が執筆した『グローバル時代の夜明け 日欧文化の出会い・交錯とその残照 一五四一〜一八五三』が刊行されました

出版された本の表紙

社会学部メディア表現学科の小林頼子教授が執筆した『グローバル時代の夜明け 日欧文化の出会い・交錯とその残照 一五四一~一八五三』が刊行されました。望月みや氏(ニューヨーク大学准教授)との共著です。
本書では、地球規模で人と経済と文化が動き始めた初期近代を取り上げ、「日欧の文化はいかなる往来をしたか」「そのとき、日本はいかに異文化と向き合ったか」について考察。「出会い・交錯・残照」の3つの視点からその様態を浮き彫りにしています。これは、経済領域で先行して始まったグローバル研究を文化領域へ開き、同時に、文化交流の構造と核を明らかにする試みです。
小林教授は「東西の空間表象―単一の視点、複数の視点」「異文化のリ・メディエーション―出島のオランダ人と江戸の洋風画家たち」などを執筆しています。
本書はフルカラーで図版も多数掲載しており、視覚的にも楽しめる一冊です。

  • 『グローバル時代の夜明け 日欧文化の出会い・交錯とその残照 一五四一~一八五三』
  • 著  者:小林頼子、望月みや
  • 発  行:晃洋書房
  • 発行年月:2017年3月