社会学部

社会情報学科

Department of Social Information 新宿キャンパス

学科からのお知らせ

社会情報学科が「臨地研修報告会」を実施しました

気仙沼でのボランティア活動報告(石原奈津子さん)
気仙沼でのボランティア活動報告(石原奈津子さん)

10月25日(火)、社会情報学科では夏休み期間中に企業のインターンシップやボランティア活動などで研修を行った学生4名による「臨地研修報告会」を実施しました。
まず、アパレル企業でインターンシップとして研修を行った学生2名が報告しました。今回、研修を受け入れてくださったのは、社会情報学科専門科目「ファッションブランド戦略論」で講義をしていただいた(株)パルと(株)シティーヒルの2社です。研修内容は主に販売と商品管理で、学生たちは配属された各店舗で指導を受けながら、接客の難しさを肌で感じ、試行錯誤する毎日だったとのことでした。しかし、努力が結果に結びつくなど研修で得られたものは多く、社会で働くことの意義を十分に感じ取ったようでした。
次に、東日本大震災の被害を受けた宮城県気仙沼市前浜地区で、植樹と音楽祭開催のボランティアを行った学生が報告。1年生の時から植樹活動に参加していましたが、今回改めて、コミュニティを築くことの大切さを学んだということです。現地の方々との交流から震災時の知恵を得て、それを多くの人々に伝え、共有していくために、これからも活動していきたいと抱負を語っていました。
最後に、小学生のサッカークラブチームのアシスタントコーチをした学生の報告がありました。技術を教えるだけでなく、スポーツマンシップやスポーツの楽しさを伝えたいという思いで指導にあたったものの、子どもたちに分かりやすく教えることの難しさを痛感したとのことでした。一つのことを続けていくことの大切さや、スポーツを通して相手を理解することなど、指導者という立場で多くを学んだ、大変実りのある研修になったようです。
会場ではたくさんの1年生が聴講していましたが、来年は自分も是非参加してみたいとの感想が多数寄せられました。研修を行った学生にとって臨地研修は、今後の学びや就職活動につながる貴重な体験になったことでしょう。

  • 「CIAOPANIC TYPY ららぽーと富士見店」での研修報告(大竹留聖さん)
    「CIAOPANIC TYPY ららぽーと富士見店」での研修報告(大竹留聖さん)
  • 「MAJESTIC LEGON 新宿ミロード店」での研修報告(星野萌さん)
    「MAJESTIC LEGON 新宿ミロード店」での研修報告(星野萌さん)
  • 小学生のサッカークラブチームでの研修報告(山田純さん)
    小学生のサッカークラブチームでの研修報告(山田純さん)