社会学部

社会情報学科

Department of Social Information 新宿キャンパス

メディア・出版

  • 社会情報学科
  • メディア・出版
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

社会情報学科の野田正治教授が『飛鳥の暗号』を刊行しました

飛鳥の暗号

社会学部社会情報学科の野田正治教授が『飛鳥の暗号』を刊行しました。
建築家でもある野田教授は、都市計画や建築設計の観点から、飛鳥時代の古墳や寺院という建造物同士や、それらと神聖な山とを結ぶ「軸線」を発見。本書では、古代人が設定した「軸線」の意味をひとつずつ解明するとともに、『日本書紀』への疑問や仮説を提示しています。
言霊という「見えない言葉」を信じていた、日本列島に住む人々。古墳の位置にみずからの名前を刻み、逆に『日本書紀』には偽りを記載したとして、そこに潜む「暗号」を解読するこの1冊。「軸線」を新たな考古学的事実とし、飛鳥文化にアプローチをしているのは現在野田教授のみで、今後も研究の発展が期待されます。

『飛鳥の暗号』
著者:野田正治
発行:鳥影社
発行日:2016年2月

社会学部社会情報学科 野田正治教授の教員紹介