社会学部

社会情報学科

Department of Social Information 新宿キャンパス

メディア・出版

  • 社会情報学科
  • メディア・出版
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

社会情報学科の野田正治教授が執筆した論文が、別冊宝島「古代史15の新説」に掲載されました

古代史15の新説

社会学部社会情報学科の野田正治教授が執筆した論文『古墳と仏教寺院の位置が示す真実』が、宝島社発行の別冊宝島「古代史15の新説」に掲載されました。
これは野田教授が今年2月に刊行した著書『飛鳥の暗号』の内容と同じで、飛鳥時代の未だ判明しない主な古墳に葬られた人物や法隆寺などの仏教寺院の建立者の謎を解き明かしたものです。
それらの謎は古墳などから文字がひとつも発見されないのが原因ですが、建築家でもある野田教授は古墳や仏教寺院の位置に注目して解明したことが「古代史15の新説」として取り上げられたと推測されます。それら建造物の位置に注目したアプローチは野田教授の独自のもので、今後の研究成果が期待されます。

  • 別冊宝島「古代史15の新説」
  • 創刊人:蓮見清一
  • 編集長:山崎 准
  • 執筆者:野田正治ほか
  • 発 行:宝島社
  • 発行日:2016年12月

社会学部社会情報学科 野田正治教授の教員紹介