社会学部

社会情報学科

Department of Social Information 新宿キャンパス

授業レポート

  • 社会情報学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

社会情報学科「フードブランド戦略論」
"Jagabeeのマーケティング戦略"を学ぶ

フードブランド戦略論

有名食品企業の方々を講師としてお招きし、企業現場の貴重なお話をいただく社会情報学科の「フードブランド戦略論」。
11月6日(木)の授業では、カルビー株式会社 マーケティング本部 マーケティングサポート部 部長 山村眞氏をお招きし「Jagabeeのマーケティング戦略」をテーマに講義していただきました。

「Jagabeeのマーケティング戦略」の授業レポート
社会学部社会情報学科 2年 中里 優紀

今回はカルビーの「Jagabee」のブランディングについてお話を伺いました。カルビーは、これまではターゲットを全世代の消費者としていましたが、Jagabeeでは「社会人の女性」をブランドターゲットに絞りました。このターゲットの動向を観察し、戦略を徹底したことが、消費者獲得につながったそうです。
ターゲット戦略を始めるにあたり、スナック菓子の食用頻度や、商品の選択基準などを調査することから始めたそうです。それらを軸にして「社会人の女性」というブランドターゲット像を作り上げられたそうです。「年齢」「職業」「ライフスタイルや価値観」はもちろん、「どこに旅行に行くか」「休みの日は何をするのか」なども考えられたとのことでした。こうしたターゲット設定の徹底に、私は大変驚きました。マーケティング活動では、ターゲットに受け入れてもらうために、様々な工夫をしたそうです。パッケージは、袋タイプだと部屋に置いておくのが恥ずかしいという女性の意見から、カップタイプのデザインにしたり、かわいいキャラクターを使用したりすることで女性から受け入れられやすくなっています。それに加え、量が少なめで、全部食べきっても後悔せずに満足感が得られる量も考えたそうです。
このように、どうすればターゲットの消費者に受け入れてもらえるのかを徹底的に調査し、工夫をすることが、Jagabeeというブランドを確立させ、多くの消費者を獲得している理由だと感じました。
本日はお忙しい中、大変貴重なお話をいただきありがとうございました。

平成26年度 「フードブランド戦略論」予定表