社会学部

社会情報学科

Department of Social Information 新宿キャンパス

授業レポート

  • 社会情報学科
  • 授業レポート
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

社会情報学科「ファッションブランド戦略論」
"トゥモローランドの経営戦略"を学ぶ!

“トゥモローランドの経営戦略”を学ぶ!

有名ファッションブランド企業の方々を講師としてお招きし、企業現場の貴重なお話をいただく社会情報学科の「ファッションブランド戦略論」。4月24日(金)の授業では、株式会社トゥモローランド 人事部採用課 課長 上野晃氏をお招きし、「トゥモローランドの経営戦略」をテーマにお話しいただきました。

「トゥモローランドの経営戦略」の授業レポート
社会学部社会情報学科 1年 成田 祐希
TOMORROWLAND

トゥモローランドは1978年に設立、当時はメンズのニットメーカーだったそうです。それから7年後に小売業をスタートし、今のトゥモローランドが誕生しました。トゥモローランドは数種類のオリジナルブランドを中心に、海外ブランドの買い付けや飲食店など様々なビジネスを手掛けている企業です。年間売上は約420億円、全国に約160店舗を展開しています。
トゥモローランドは、"オンタイムやオフタイムなどにスタイルを提案する"ことを目標とし、エリアの客層やニーズ、特性に合わせてそれぞれの店舗で品揃えを変えているそうです。当然エリアによって客層が違うので、それをスタッフが調べ、考え、ピックアップして商品を店頭に並べていると聞いてとても驚きました。常にお客様のことを中心において商品を品揃えしていることがわかりました。お客様のニーズに合った服を自分らしく着てもらうために提案し、また買い物をする楽しさを発見できるようなお店づくりをしていることは、トゥモローランドが成長し愛され続けている秘訣なのかもしれません。
色々な話を聞いて、一番印象に残ったのは「好きなことを育てることが大事」という言葉です。いくら大変な仕事でも、それが好きなことだったら頑張れると思います。大学を卒業したら大半は就職する時代です。転職をしない限りずっと同じ場所で働くからこそ、好きなことを仕事にできたら幸せなのではないかと感じました。私も好きなことを育て、大事にしたいと思います。
今回の講義ではトゥモローランドの知らなかった部分を知ることができ、とても楽しく、ためになる時間を過ごせました。この度はお忙しい中、大変貴重なお話をありがとうございました。

平成27(2015)年度 「ファッションブランド戦略論」予定表