社会学部

社会情報学科

Department of Social Information 新宿キャンパス

授業レポート

  • 社会情報学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

社会情報学科「ファッションブランド戦略論」
"3COINSのブランド戦略"を学ぶ

有名ファッションブランド企業の方々を講師としてお招きし、企業現場の貴重なお話をいただく社会情報学科の「ファッションブランド戦略論」。6月12日(金)の授業では、株式会社パル 執行役員 第四事業部長 山本修司氏をお招きし「3COINSのブランド戦略について」をテーマにお話しいただきました。

「3COINSのブランド戦略について」の授業レポート
社会学部 社会情報学科 1年 五十嵐 智輝
3COINS

3COINSは1994年4月に大阪市北区茶屋町に第1号店をオープンし、2015年6月現在は全国に140店舗を展開するパルグループ第四事業部のショップです。3COINSの商品部は、実際の店舗で実績を上げた店長が商品を企画し、海外に生産委託したものを直接輸入することによって、低価格かつ高品質な商品を提供しているそうです。また、商品企画の段階では男性社員は介入せず、あくまでも女性社員のみでニーズの高い商品を開発しているそうです。これらのことが、若い女性から圧倒的な支持をうける3OINSの人気の理由だと思いました。
そのほかにも、よりお客様に利用してもらいやすくするため、企業として成功するためのさまざまな工夫についてお話しいただきました。中でも私にとって印象的だったのが「VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)」のお話で、かわいらしくきれいに統一した雰囲気を全店舗で統一するために、展開指示書を全店舗に配付し、担当者が直接店舗で確認するということを聞いて驚きました。その仕事の成果が数字として前面に出てくることはないそうですが、とても大切でやりがいのある仕事だと思いました。
最後には私たちに向けて、「高給与や安定を目的として会社を選んではいけない。独立を目標として、しっかりと学べる会社を選んでください」といった、就職活動に対してのアドバイスもくださいました。また、「できない理由を探すより、どうやったらできるか常に考える」という第四事業部のスローガンには、大きな感銘を受けました。
このたびはお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

平成27(2015)年度 「ファッションブランド戦略論」予定表