社会学部

社会情報学科

Department of Social Information 新宿キャンパス

授業レポート

  • 社会情報学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

「マーケティング戦略論4(ネットビジネス)」で細川玲理氏による特別講義を行いました(2015年度)

インターネットの仕組みや発展史、マーケティングなどを体系的に学び、ネットビジネスの構造を理解する「マーケティング戦略論4(ネットビジネス)」。
7月10日(金)の授業では、インターネット黎明期よりネットビジネスに携わっているニフティ株式会社の細川玲理氏をゲストスピーカーとしてお招きし、特別講義を行いました。

  • マーケティング戦略論4(ネットビジネス)_1
  • マーケティング戦略論4(ネットビジネス)_2
  • マーケティング戦略論4(ネットビジネス)_3
「マーケティング戦略論4(ネットビジネス)」の授業レポート
社会学部 社会情報学科 2年 廣瀬 由樹

今回は、ネットビジネスの構造やこれからネットがどのように進展していくかということについて、ニフティ株式会社の細川玲理さんから貴重なお話を聞くことができました。
90年代にインターネット利用者が劇的に増えたことで、ネットビジネスにおけるマーケティングの構造は大きく変化しました。私たち消費者の口コミや意見などが生の声として多くの人に届くようになり、消費者重視のマーケティングに変わったそうです。これは、私たち消費者側からすればとてもすばらしいことだと感じました。
また、アクセス解析の機能を用いて訪問数、訪問者の流入してきた参照元、検索キーワードなど、利用者の行動が明確になるということに驚きを隠せませんでした。これらをベースに、リアルタイムで成果の達成状況を鑑みて、日々快適に使えるように変化を加えていくのがネットビジネスのマーケティングだそうです。
細川さんのお話の中で私が一番印象に残ったのは、検索会社が今とても利益を得ているということです。GoogleやYahoo!の検索キーワード一つひとつにそれぞれ値段がつけられているということに、本当に驚きました。
インターネットの市場は日々拡大していて、従来の市場がインターネットに奪われる可能性もあるとのことでした。売買やコミュニケーションにおいて利便性が高まる反面、情報流出などのリスクが伴うことも頭に入れ、危機管理意識をしっかり持つことが大事だと改めて感じました。
細川さんの講義を受けて、一言でネットビジネスといってもさまざまな分野があることを知りました。今後ネットビジネスはさらに進化を遂げるとのことなので、これからの就職活動で参考にしたいと思いました。
本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。