社会学部

社会情報学科

Department of Social Information 新宿キャンパス

授業レポート

  • 社会情報学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

社会情報学科「フードブランド戦略論」
"アイデアを商品化する秘訣"を学ぶ!

  • アイデアを商品化する秘訣_1
  • アイデアを商品化する秘訣_2
  • アイデアを商品化する秘訣_3

有名フードブランド企業の最前線で活躍する方々を講師としてお招きして、企業現場の貴重なお話をいただく社会情報学科の「フードブランド戦略論」。11月3日(木)の授業では、発明達人塾 アイデアクリニック 代表の下村正氏をお招きし「アイデアを商品化する秘訣」をテーマにお話しいただきました。

「アイデアを商品化する秘訣」の授業レポート
社会学部社会情報学科 3年 磯 友子

本日の講義では①アイデアの楽しさと魅力②知的財産権(特許)の基礎知識③アイデアを商品化する方法、の3つを学びました。
まず、アイデアが出てくる3原則があるそうです。①「発想力は発見力」で、意識してよく見ること②「発想力は行動力」で、とりあえず行動してみること③「発想力は会話力」で、話題に出してみること、の3つで、これらは日常生活の中でアンテナを張り巡らせながら意識して行うことが必要だと知りました。
アイデアや発明を行動に移すには「発明コンクールに応募する」「アイデアを企業に提案し採用してもらう」「自分でそのアイデアを事業化する」の3つがあるそうです。生活の中で、不便なことや困ったことを発見し、その解決策など思いついたことを、まず紙に書いたり、設計や試作をしたりすることが大切だと学びました。
視聴したビデオ「ヒラメキから事業化まで3ステップ」では、10代の少年がニーズを発見し、自分自身でモニターを繰り返して試作品の改良を重ね、最後には特許を出願し、生産・量産化に成功したエピソードが紹介され、感動しました。
産業財産権の4つの権利は、アイデアの権利を守り、産業の健全な発展を目的とするものですが、私自身、特許権しか知らなかったので、その他に商標権、実用新案権、意匠権があると知り、とても勉強になりました。これらの権利は、登録から最長10年または20年の間、保護されるそうです。ただ、特許を取るには出願料が思った以上に高いという印象を受けました。また、出願手続には時間がとてもかかるので、特許を取ることは大変だと教えていただきました。しかし、私も以前、「こんなものがあったら...」と考えたことがありますが、アイデア一つで困っている人を幸せにできる可能性は誰にでもあると実感しました。
私は現在3年生で、就職活動に向けて不安があります。でも、この授業で耳にした「まず行動してみる」という言葉が心に響き、自分から挑戦してみるという自信がつきました。
本日は貴重なご講義をありがとうございました。

平成28(2016)年「フードブランド戦略論」予定表