クラブ・サークル

PICK UP CLUB

新宿キャンパス

フォトマスター同好会文化系

カメラ初心者にも
丁寧に教えます!!

学内外の風景を魅力ある「作品」に

現在の部員は15名ほどで、学外で撮影会を実施するほか、桐和祭(学園祭)や七夕祭といった学内イベントで撮影や展示会を行っています。展示会はモノクロや風景など、毎回テーマを決めて実施。アンケートで「とてもきれいだったので、違う作品も見てみたい」などの声があると、活動していてよかったと実感します。また、学内イベントを撮影する機会が多いので、活発な雰囲気や在学生の明るい表情を間近で見ることができるのも魅力です。ぜひ一度、作品を見に来てください。

新宿キャンパス

Master Piece (ダンス部)体育系

桐和祭の発表を
見に来てね!

ダンスで最高の一体感を味わいましょう!

約80名が所属するダンス部「Master Piece」は、桐和祭(学園祭)やクリスマスパーティーなどの学内イベントを中心に公演を行っています。とくに力を入れているのが、桐和祭での公演。在学生に限らず地域の方も多数来場してくださる、一大イベントです。準備や練習を積み重ね、皆で一つのダンスを創り上げていくことは簡単ではありませんが、その分良い発表ができたときの一体感は格別です!アットホームなダンス部で、大学生活を充実させませんか? 

新宿キャンパス クラブ・サークル一覧

文化系

  • 写真部
  • Sunny Tone(アカペラ)
  • ボランティーナ
    (ボランティア)
  • ●演劇部
  • ●まちあるき研究会
  • ●MIAC(国際交流)
  • ●軽音楽部
  • ●フォトマスター同好会
  • ●ブラスバンド部
  • ●ANDANTE(楽器・合唱)
  • ●COLOR ILLUST ART
  • ●写真部
  • ●フランス文化研究会
  • ●創作部
  • ●Joyfull♪(吹奏楽)
  • ●競技麻雀サークル
  • ●フラワーアレンジメント部
  • ●Sunny Tone(アカペラ)
  • ●successfulかるた
  • ●ボランティーナ(ボランティア)
  • ●Symbiosis(ボランティア)
  • ●目白映画制作会社「暁」
  • ●音楽研究会
  • ●ようかん(お菓子作り)
  • ●目白大学放送研究会
  • ●オレンジ(手話)

体育系

  • 男子バスケットボール部
  • チアリーディング部
  • ヴェルドゥーラ
    (サッカー)
  • ●男子バスケットボール部
  • ●水泳同好会
  • ●軟式野球部
  • ●バドミントン同好会
  • ●柔道同好会
  • ●男女バレーボール部
  • ●硬式テニス同好会
  • ●男女硬式テニス同好会
  • ●Darts Bar M.U.(ダーツ)
  • ●バドミントン部
  • ●軟式テニス同好会
  • ●ばれすけ(バレー・バスケ)
  • ●ソングリーディング同好会
  • ●F's 4ever(バスケ)
  • ●Master Piece(ダンス部)
  • ●ヴェルドゥーラ(サッカー)
  • ●チアリーディング部
  • ●卓球同好会
  • ●ファンタジスタ(フットサル)
  • ●インディアカ部
  • ●剣道同好会
  • ●FC.CHILD(フットサル)
「目白大学/新宿キャンパスクラブ・サークル」サイトへ

After School Activities

新宿キャンパスでは桐和祭(学園祭)をはじめ、
年間を通じてさまざまな催しが学生主体で行われています。

学生会本部執行委員会

「学生による学生のための自主的な自治活動」を目指し、体育会本部や文化連合会本部などの各学生団体をまとめるのが、学生会本部執行委員会です。学生会全体の意見をまとめる「代表者会議」の運営や学生間の交流を深めるためのさまざまなイベントの企画・運営などを行っています。


イベント企画「屋台をよぼう」

クレープやホットドッグが購入できる屋台が新宿キャンパスにオープン!屋台を呼んで皆に楽しんでもらおうと開催された学生企画イベントです。

体育会本部・文化連合会本部

体育系と文化系、それぞれのクラブ・同好会を統括する組織が「体育会本部」と「文化連合会本部」です。体育会本部はスポーツフェスティバルを、文化連合会本部は七夕祭を企画・運営。また、両組織とも桐和祭(学園祭)などの学内行事にスタッフとして参加します。


スポーツフェスティバル

チーム対抗によるスポーツイベント。学生同士の親睦が深まります。

七夕祭

華やかな浴衣姿に!会場は夏祭りムード満点です。

桐和祭実行委員会

10月末に行われる新宿キャンパスの学園祭「桐和祭」。学生や地域の皆さんに楽しんでいただけるような企画やイベントを考え、実行委員が各参加団体をまとめ桐和祭運営の全般を取り仕切ります。


正門や学内の装飾は「来場者の方たちに楽しんでもらいたい」という、実行委員の熱意の結晶です。