新着情報

  • 目白大学
  • 学科からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 日本語・日本語教育学科, 経営学科

必修科目「ベーシックセミナー」で、日本語・日本語教育学科の学生が経営学科の学生にプレゼンテーションを行いました

ベーシックセミナー
「漢方」をテーマに、効能や特徴、歴史について発表 ベーシックセミナー
「恋愛」がテーマの発表。大学生の関心をひくテーマを選びました 

11月27日(木)、1年次の必修科目「ベーシックセミナーⅡ」で、外国語学部日本語・日本語教育学科の学生が、経営学部経営学科の学生に対しプレゼンテーションを行いました。
「ベーシックセミナーⅡ」は、大学の学びとはどのようなものか、その意味を論理的・多面的思考により理解し、グループワークやプレゼンテーションなどの実践的な学びを通じて身につけることを目的としています。
今回は、10グループに分かれ、各々関心のあるテーマについて発表。5つの教室を使用し、グループごとに各教室をまわりながらプレゼンテーションを行いました。経営学科の学生たちを前に最初は緊張していたグループも、複数回の発表を経て、声の抑揚や表情、話の進め方などが格段に上達していました。
来年1月には、発表したテーマをさらに掘り下げたうえで、改めてプレゼンテーションを行います。今回経営学科の学生に書いてもらったコメントも参考にしながら、完成度をより高めていきます。