新着情報

  • 目白大学
  • 学科からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 中国語学科, 日本語・日本語教育学科

日本語・日本語教育学科と中国語学科の学生がJET日本語学校の学生と交流しました

2月23日(火)、北区にあるJET日本語学校に、日本語・日本語教育学科より5名、中国語学科より1名の学生が交流に訪れました。
当日は、本学の学生がゲストとして授業に参加。日本語学校の学生たちが用意した質問に答えるという内容で、90分にわたり交流が行われました。今回参加したクラスの学生の出身地は台湾、韓国、タイ、インドネシア、マカオと多彩で、それぞれの国の文化と日本文化との違いから感じた素朴な疑問が、本学学生に投げかけられました。「なぜ朝食をちゃんととらない日本人が多いのか」といった身近なトピックが多い一方、中には「なぜ日本の映画館の料金は高いのか」「なぜ日本の中高年はジムに通いたがるのか」といったものも。学生たちが答えに窮する場面もありましたが、終始笑顔の絶えない交流の場となり、双方、とても楽しかったと感想を述べていました。
本学の学生たちにとっては、アジアの文化的多様性と自文化の独自性について考える良い機会になったことでしょう。

  • 日本語・日本語教育学科と中国語学科の学生がJET日本語学校の留学生と交流しました
  • 日本語・日本語教育学科と中国語学科の学生がJET日本語学校の留学生と交流しました
  • 日本語・日本語教育学科と中国語学科の学生がJET日本語学校の留学生と交流しました