新着情報

心理カウンセリングセンター分室で公開講座が開催されました

心理カウンセリングセンター分室で公開講座が開催されました

心理カウンセリングセンター分室で公開講座が開催されました

11月14日(土)、国立埼玉病院キャンパスにおいて、心理カウンセリングセンター分室主催の公開講座が開催されました。この公開講座は、地域住民の方々を対象として毎年開催されています。今年は、人間学部心理カウンセリング学科の河野理恵准教授が「知ってほしい認知症の基本」をテーマに講演を行いました。
現在、日本における認知症の高齢者数はおおよそ462万人と言われており、高齢化社会の進展とともに、今後ますます増えることが予想されています。河野准教授は認知症に関する基礎的なことから検査や診断方法について解説し、認知症の方の気持ちに沿った関わり方の重要性を説きました。
当日は、専門職だけでなく地域の年配の方も多く参加。認知症予防のエクササイズを行い、楽しみながら学ぶことができました。多くの参加者から好評をいただき、充実した公開講座となりました。