新着情報

  • 目白大学
  • 大学からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 研究・社会貢献

新宿キャンパスで献血を行いました

5月24日(火)、新宿キャンパスの佐藤重遠記念館前にて、献血を実施しました。この取り組みは日本赤十字社によるもので、毎年5・12月の恒例イベントとなっています。
キャンパス内には、献血の数日前から、献血推進キャラクター「けんけつちゃん」のポケットティッシュを配り、協力を呼びかける学生の姿が見られました。活動を行っていたのは、桐和祭実行委員会のメンバーたち。積極的な声かけが功を奏し、今回は55名の方が献血の受付を行い、そのうち46名が採血をしました。
10~20代の献血協力者数は近年大幅に減少しており、少子高齢化が今後ますます進んでいくと、血液の安定供給に支障をきたす恐れがあります。こうした背景を受け、献血を身近に感じてもらうための取り組みとして、学内での献血を始めたのは2007年。今回初めて献血をした方も、これを機に、ぜひ献血活動を継続してもらえたらと思います。
献血にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。12月に実施を予定している次回の献血でも、善意のご協力をよろしくお願いします。

  • 佐藤重遠記念館前に献血車が登場!
    佐藤重遠記念館前に献血車が登場!
  • 友だち同士、声をかけ合って参加した学生が多かったようです
    友だち同士、声をかけ合って参加した学生が多かったようです
  • 採血を待つ学生。配布された日本骨髄バンクの案内を手にしています
    採血を待つ学生。配布された日本骨髄バンクの案内を手にしています