新着情報

岩槻キャンパス「サマーキャンプ」を実施しました

8月31日(木)・9月1日(金)の2日間、東京都あきる野市秋川渓谷にある「コテージ森林村」で、保健医療学部と看護学部の学生を対象にした「サマーキャンプ」を実施しました。学生36名、教職員2名が参加したこのキャンプは、学部学科の垣根を越えて親睦を深めることを目的として、岩槻キャンパスの学友会本部執行委員会が中心となって実施しています。
初日は悪天候により川遊びはできませんでしたが、室内レクリエーション、バーベキューを楽しみました。夕方以降は天候も回復し、恒例の花火を行うことができました。
2日目は、学友会本部で企画した野外レクリエーションと「スイカ割り」を開催し、親睦を深めました。
荒天を乗り越えた今回の「サマーキャンプ」は、行事に参加した学生だけでなく、企画した学生にとっても充実した2日間となりました。この2日間での交流を基に、今後の大学生活がより充実したものになることを願っています。

  • サマキャン1
    開会式の様子
  • サマキャン2
    新しいメンバーでバーベキューを楽しみました!
  • サマキャン3
    恒例の花火も楽しめました!